授業コード 40006212 クラス 12
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 脇谷 直子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報化社会とソフトウェアゼミナール
授業の概要 ソフトウェア,情報システム,インターネット,またそれらに関連する社会的問題などを扱うゼミナールである.目標設定,スケジュール作成などは主体的に行い,プロジェクト課題に取り組む形式が中心となるが,履修者数に応じて,個人で取り組む課題とグループで取り組む課題のバランスを変更する場合がある.
このゼミナールでは,全員が参加して意見交換を行い,議論し,考えることで,各自がより深く学習することを目的としている.到達目標と成績評価に関しては,「他者と協調して成果を出す」ことを到達目標に,ゼミ内の課題の取り組み状況に応じた評価に重点を置く.
学習の到達目標 特定の問題および解決策について,自分の意見を述べ,議論ができる.
他者と協調して,成果を出すことができる.
授業計画 第1回 前期の振り返りとプロジェクト目標の再設定
第2回 プロジェクトの計画(予実の管理)と見直し
第3回 プロジェクト実施(1)
第4回 プロジェクト実施(2)
第5回 プロジェクト実施(3)
第6回 プロジェクト実施(4)
第7回 プロジェクト実施(5)
第8回 プロジェクト実施(6)
第9回 プロジェクト実施(7)
第10回 プロジェクト実施(8)
第11回 プロジェクト実施(9)
第12回 プロジェクト実施(10)
第13回 プロジェクト終結
第14回 発表会への参加(1)
第15回 発表会への参加(2)
授業外学習の課題 1.授業中に理解が不十分であった箇所は,自ら調べて次回までに理解し,必要に応じて質問を準備してくる.
2.担当したテーマについて各種文献を調査し,説明できるよう資料と発表の準備を行う.
3.授業外でグループによる議論や準備が必要な場合は,協力して取組む.
履修上の注意事項 3年前期のゼミナールⅠ,4年前期ゼミナールⅢ,4年後期のゼミナールⅣ及び卒業論文と一貫して履修することが望ましい.

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 理由のない欠席がある場合は評価の対象としない.
出席を前提とした上で,プロジェクト活動における役割と,その役割を果たすための行動と成果(50%),レポート(50%)により評価する.それ以外の課題を課す場合には別途説明する.
テキスト 必要となる資料は適宜,配布する.
参考文献 講義中に適宜,紹介する.
主な関連科目 ゼミナールⅠ,ゼミナールⅢ,ゼミナールⅣ,卒業論文,ソフトウェアⅠ・Ⅱ,プロジェクトマネジメント論,その他科目外の勉強会などは別途紹介する.
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
原則として授業中に受け付けるが,電子メール等による質問も可能とする.この場合の具体的な方法は,授業中に指示する.

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2016 3・4