授業コード 40006210 クラス 10
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 前田 純一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経済分析の応用理論と経済データによるシミュレーション
授業の概要 ゼミナールⅠにおいては、経済分析の理論的基礎を中心に学修を進めますので、ゼミナールⅡにおいては、その応用分野を中心に学修を進めていきます。また、ゼミナールⅠと同様に、その学修成果をもとにして、実際の経済データを用いたシミュレーションをおこなっていきます。
経済分析の応用理論の学修においては、ゼミナールⅠでおこなった家計の経済行動、企業の経済行動、市場のメカニズム等の学修、あるいは、国民所得(GDP)の決定、乗数理論、IS-LM分析、貿易理論、経済成長理論等の学修をさらに掘り下げ、理論的により精緻な学修にできるだけ進んでいくことにします。シミュレーションにおいては、ゼミナールⅠと同様に、このような応用分野の学修をもとにして、実際の経済データを用いながら、グラフ解析を用いたシミュレーションなどをおこなっていきます。
ゼミナールⅡもゼミナールⅠと同様に、報告・討論の形式でおこないますが、十分な討論をおこなうためにはしっかりした報告が必要です。そのため、報告におけるプレゼンテーションも重視していきます。
学習の到達目標 経済分析の応用理論を理解することが第1目標です。そして、さらに、シミュレーション手法を修得し、その分析結果について考察する力をつけることが第2目標です。
授業計画 第1回 第1回:講義概要の説明
第2回 第2回:経済分析の応用理論の学修(1)
第3回 第3回:経済分析の応用理論の学修(2)
第4回 第4回:経済分析の応用理論に関するまとめ
第5回 第5回:経済データ収集とシミュレーション(1)
第6回 第6回:経済データ収集とシミュレーション(2)
第7回 第7回:経済データ収集とシミュレーション(3)
第8回 第8回:経済データ収集とシミュレーション(4)
第9回 第9回:シミュレーション結果の分析(1)
第10回 第10回:シミュレーション結果の分析(2)
第11回 第11回:シミュレーション結果の分析(3)
第12回 第12回:分析結果のまとめ(1)
第13回 第13回:分析結果のまとめ(2)
第14回 第14回:研究成果の報告(1)
第15回 第15回:研究成果の報告(2)
授業外学習の課題 ゼミナールⅡでは、数名のグループを構成し、毎週のゼミナールでの報告の準備作業を行ってもらいますので、グループの構成員同士で連絡を取り合い、準備をしっかりと進めるようにして下さい。
履修上の注意事項 毎回のゼミナールに積極的な姿勢で参加して下さい。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 平常点で評価します。
テキスト 未定
参考文献 必要に応じて紹介していきます。
主な関連科目 経済分析入門Ⅰ・Ⅱ、数理経済学Ⅰ・Ⅱ、経済システム科学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、原則として授業中および授業終了後に受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(D群) 2007~2016 3・4