授業コード 40005400 クラス
科目名 応用確率システム論 単位数 2
担当者 海生 直人 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 応用確率論入門
授業の概要 確率論を基礎として応用確率論及びそれに関連した話題を講義する予定である。
以下の授業計画に従って講義を進める予定である。
臨時試験、レポート等を実施する予定である。
学習の到達目標 目標は確率論的数理的システム技法に関する知識をもとにシステムに関わる問題を考察する能力の育成である。
授業計画 第1回 ① ガイダンスおよび確率の定義(その1)
第2回 ② 確率の定義(その2)
第3回 ③ 条件付確率と独立性(その1)
第4回 ④ 条件付確率と独立性(その2)
第5回 ⑤ 条件付確率と独立性(その3)
第6回 ⑥ 全確率の公式とベイズの公式(その1)
第7回 ⑦ 全確率の公式とベイズの公式(その2)
第8回 ⑧ 全確率の公式とベイズの公式(その3)
第9回 ⑨ 全確率の公式とベイズの公式(その4)
第10回 ⑩ 確率変数(その1)
第11回 ⑪ 確率変数(その2)
第12回 ⑫ 確率変数(その3)
第13回 ⑬ 確率変数(その4)
第14回 ⑭ 期待値(その1)
第15回 ⑮ 期待値(その2)
授業外学習の課題 授業前の学習として関連部分を自分なりに調べること。授業後の学習として習ったものを理解し覚えるまで何度も自分で解析をすること。関連する演習問題を各自文献から探し解くこと。
履修上の注意事項 自分で解析をすること。
前述の授業計画に従って講義を進める予定である。
臨時試験、レポート等を実施する予定である。
成績評価の方法・基準 平常点(試験、レポート等)により行うが、1回でも試験の未受験、レポートの未提出があれば自動的に評価はD(不合格)となる。
テキスト 未定
参考文献
主な関連科目 解析学Ⅰ・Ⅱ
基礎解析Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は原則的に授業開始時・授業終了時に受け付けます。特に内容に関する質問は他の受講者の利益にもなりますので授業の途中でも受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部経済情報学科(B群) 2007~2016 3・4