授業コード 40004900 クラス
科目名 システム科学入門Ⅰ 単位数 2
担当者 廣光 清次郎 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経営システム科学(オペレーションズ・リサーチ)入門1(最適計画と在庫管理)
授業の概要 人や組織は一定の目的をもって行動・運用されており、種々多様な問題に対して解決のための意思決定がなされます。この講義では、経営システムにおける合理的な意思決定のためのモデル化手法や最適化の考え方、すなわち、経営システム科学(オペレーションズ・リサーチ、OR)について、入門的な事項について勉強します。

この授業はビジネスにおける意思決定のための基礎的・実践的方法について勉強するので、地域の持続的活性化に貢献できる「地域イノベーション人材」の育成に直接役立ちます。
学習の到達目標 経営システム科学の基礎について学び、システムのモデル化、最適化の手法、在庫の合理的管理方法などについて理解し、実際のビジネス問題へ応用できるようにします。
授業計画 第1回 経営システム科学(OR)とは何か-背景・歴史・意義
第2回 線形計画法入門
第3回 線形計画法(問題の定式化-モデル化)
第4回 ガウス・ジョルダン法
第5回 シンプレックス法(1)基礎
第6回 シンプレックス法(2)応用
第7回 シンプレックス法(3)発展
第8回 線形計画法の応用(1)輸送問題
第9回 線形計画法の応用(2)計画の問題、他
第10回 在庫管理(1)経済発注量
第11回 在庫管理(2)発注点法
第12回 在庫管理(3)定期発注法
第13回 在庫管理(4)需要予測
第14回 在庫管理(5)ABC分析
第15回 全体のまとめと勉強のポイント
授業外学習の課題 専門科目では様々な専門用語が出てきます。まずはこれらの使用に慣れる。そのためには日頃から、経済、経営、システム、情報分野で新聞や雑誌に現れる言葉にアンテナを張っておくことが大事です。
授業では予めテキストに目を通しておき、わかりにくいことなどをチェックしておき授業に望むと大いに理解が促進されるでしょう。
履修上の注意事項 システム科学入門Ⅱも続けて履修することが望ましい。
毎回出席すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 レポート50%(小レポート3回、大レポート1回程度の予定)、期末試験50%、AA評価は90点以上で履修生の上位5%以内。欠席すると減点します。
テキスト 小和田正・沢木勝茂・加藤豊共著「OR入門―意志決定の基礎―」実教出版
修大生協
参考文献 中川覃夫・三道弘明、「オペレーションズ・リサーチ」、日刊工業新聞社
主な関連科目 (1年)システム科学入門Ⅱ
(2年)経営システム科学
(3年)シミュレーション論、プロジェクトマネジメント論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は授業終了時に受け付けます。試験前には必要に応じて質問時間を取る予定です。
URLリンク 講義資料や過去問など

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(H群) 2007~2016 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(H群) FECE10801 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(B群) 2007~2016 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(B群) FEEI10201 2017~2017 1・2・3・4