授業コード 40004000 クラス
科目名 社会経済学Ⅱ 単位数 2
担当者 亀崎 澄夫 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経済学の基礎理論 経済学の基礎理論 The Theory of the Political Economy
授業の概要 社会経済学は、マルクスの『資本論』・(Sraffaを含む)古典派経済学・ポスト・ケインジアンによって明らかにされた経済理論を基礎として、資本主義経済に関する基礎的理論を明らかにします。資本主義経済を理解するために、三つの理解が重要です。第一は、どの社会にも共通な社会的物質代謝を物量体系として示する再生産システムの理解です。第二は、資本家企業が強力に推進する剰余生産の理解であり、それはSurplus Approachとして展開されます。第三は、流通形態と市場メカニズムを通した生産システムの理解であり、経済過程における貨幣を重視する「貨幣的生産理論The Monetary Theory of Production」(ケインズ)という点です。
 社会経済学は、資本主義経済を歴史的に生成してきた特殊な社会と理解します。その理論的解明においては、純粋な資本主義社会(資本家、労働者、地主という三大階級のみの社会)の想定をもとに、資本主義経済が社会的物質代謝を価格メカニズムや利潤追求を通して如何に遂行しているかを、明らかにします。

 社会経済学Ⅱでは、導入で前期の講義をふり返った後、資本の生産過程での剰余価値生産、生産力の発展、資本運動に要する時間的経過を反映する資本の循環・回転論、資本主義経済の総体的再生産を明らかにする社会的総資本の再生産と蓄積を解説します。
学習の到達目標 資本主義経済システムのうち、剰余価値生産、生産力の発展、資本の循環と回転、社会的総資本の再生産について、社会経済学の用語を使って説明できる。
授業計画 第1回 導入:産業資本による資本主義経済の編成(社会的物質代謝と資本)
第2回 産業資本と剰余価値生産:価値形成増殖過程
第3回 絶対的剰余価値の生産
第4回 相対的剰余価値の生産
第5回 特別剰余価値の生産と生産力の上昇メカニズム
第6回 資本主義的生産方法の発展(協業・分業・機械制大工業)
第7回 中間テストとその解説
第8回 資本の三循環形式:フロー・ストック
第9回 資本の回転と流動・固定資本
第10回 資本の回転期間と回転数
第11回 資本の回転と再生産
第12回 社会的総資本の再生産:再生産表式(1)
第13回 社会的総資本の再生産:再生産表式(2)
第14回 拡大再生産と資本の蓄積
第15回 一般的利潤率の形成:社会的物質代謝と生産価格体系
授業外学習の課題 1.受講生は、授業前に教員が指示する教科書部分および配布されるプリントに目を通してくること。
2.受講生は、授業後に教員が指示する教科書部分および配布されるプリントを復習すること。
3.受講生は、宿題の練習問題を提出すること。
履修上の注意事項 1.最初の授業時間に、受講ルールを決めます。
2.中間テストを実施します。
3.ワークシートと練習問題は、必ず出してください。
成績評価の方法・基準 試験(2回)70%、練習問題とワークシート30%を目安に総合的に評価する。
テキスト 関根友彦著『経済原論要領』(IEI:広島修道大学生協書籍部で取り扱う)
参考文献 宇野弘蔵『資本論の経済学』(岩波新書)
桜井毅他『経済学Ⅰ』(有斐閣)
小幡道昭『経済原論 基礎と演習』(東京大学出版会)
主な関連科目 経済学史Ⅰ・Ⅱ、経済史Ⅰ・Ⅱ、マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、授業終了後および配布予定の『なんでも帳』を使って、行なってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(C群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 2・3・4