授業コード 40000600 クラス
科目名 金融論Ⅱ 単位数 2
担当者 劉 亜静 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 金融政策、金融システムと投資の基礎知識 Monetary policy, Banking & Investment
授業の概要 金融論Ⅰで勉強した基礎知識を復習しながら、更に専門的な金融知識を勉強する講義である。金融論Ⅱの前半では金融システムと金融仲介機関の役割を中心に授業を行う。後半では日本銀行と金融政策について紹介する。さらに、国際金融、金融資産の投資基礎、中小企業金融、FinTechなど身近な生活と関連する金融知識や新しいトピックスについても紹介する。
学習の到達目標 金融の基礎理論を復習しながら、より専門的な金融知識を身につけるのが目標である。また、今後大学のゼミで継続的に研究したい経済、金融の基礎知識、及び将来金融系職に関連する基礎な応用知識も勉強する。
授業計画 第1回 ガイダンス、金融とは何か(復習)
第2回 金融機関論
第3回 金融システム
第4回 直接金融と証券市場
第5回 間接金融と銀行論
第6回 金融システムの安定化のための政策
第7回 理解度テスト(60分)と解説(30分)
第8回 金融政策のためのマクロ経済学I
第9回 金融政策のためのマクロ経済学II
第10回 金融政策の課題と日本銀行
第11回 金融政策の基本手段と新しい展開
第12回 国際金融
第13回 投資を考える基礎I
第14回 投資を考える基礎II
第15回 中小企業金融:中小企業金融と日本経済
授業外学習の課題 授業用の講義資料を予習と復習をしっかりしてください。
履修上の注意事項 金融の知識を更に深めることを目的とした授業なので、金融論ⅠとⅡ両方とも履修していることが望ましい。大学のMoodelシステムを経由して、毎週講義資料を更新する。受講するとき、必ず事前に講義資料をダンロードし、持って来てください。
成績評価の方法・基準 出席と平常点(20%)、理解度テスト(30%)、期末試験(50%)で評価する。
平常点:授業の履修態度及びマナー(私語、遅刻、ピ逃げ、イアホン、スマートフォン遊び、ハンドスピナー遊び、無断退室、早退などを減点対象)
テキスト テキストは指定しないが、毎回必要に応じて講義資料を大学のMoodelシステムでUPDATEする。
参考文献 ①『金融論 ベーシック+(プラス)』,家森信善,中央経済社,2016
②『トップアナリストがナビする 金融の「しくみ」と「理論」』,野崎浩成,同文館出版株式会社,2015
③『信用金融金庫寄付講座ー中小企業金融論』,第1巻~第3巻,慶應義塾大学出版会
④『消費者と証券投資』,放送大学教材,林敏彦・佐賀卓雄,2011
主な関連科目 金融論Ⅰ、金融政策
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
基本的に講義の前後に質問等を対応する。それ以外の時間では、事前に連絡する上、アポを取ってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(B群) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2007~2016 2・3・4