授業コード 40000200 クラス
科目名 環境経済学Ⅰ 単位数 2
担当者 大澤 俊一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 環境問題とその対策(Environmental problems and policies)
授業の概要 環境問題とはどのようなものであり、なぜ生じるのか。そしてそれはどのように解決されうるのかを、主に公共経済学とミクロ経済学の観点からとらえ、分析していく。「環境問題」とは、「人間の経済活動」が自然環境に悪影響を及ぼし、それが人間生活に跳ね返ってくることによる問題である。「人間の経済活動」は、主に経済学の中の「ミクロ経済学」によって分析されうる。また生じている問題についても、主に「市場の失敗」の「外部性」の問題として、古くから議論・研究されてきている。ゆえにその解決策としての「経済政策」も様々に提案されてきている。しかし今日、その環境問題も国際化・多様化しており、理論的にも再構築が迫られている状態である。たとえば外国から汚染された空気が流れてくる、世界中の国々から排出される二酸化炭素により、地球の温暖化・異常気象が生じるなど、一国の政府だけではもはや解決できない問題も発生している。現在、公共経済学では、地球環境を「国際公共財」としてとらえようとする考えが一般化してきている。また、環境問題はつい最近発生した問題ではなく,実は人間の歴史の中で、早くから生じていたものでもある。ゆえにその歴史を振り返ることも重要である。さらに今日、新聞を広げれば、常に環境問題に関連する記事を見つけることができる。厳密な経済理論に基づく説明も重要であるが、今日問題になっていることを経済学を用いながら、どのように説明できるかを示すことも、この講義では大切にしていきたい。ゆえに最近の新聞記事なども、適宜紹介し講義の中で取り上げていく。
学習の到達目標 過去の環境問題の歴史、環境問題のついての基本的な考え方を知り、日々の新聞やテレビのニュースに出てくる環境問題についても,自分なりの意見・考えを示せるような力を養う。
授業計画 第1回 ガイダンス:環境問題とは何か,環境問題の原点
第2回 環境問題の歴史、四大公害病
第3回 経済成長と環境問題
第4回 ごみ問題とリサイクル
第5回 市場経済と環境問題
第6回 公共財としての自然環境
第7回 サムエルソン・ルール
第8回 リンダール・メカニズム
第9回 リンダール・メカニズムの練習問題
第10回 コモンズの悲劇
第11回 再生可能資源とオープンアクセス均衡
第12回 オープン・アクセス均衡の確認問題
第13回 外部性
第14回 コースの定理
第15回 コースの定理の練習問題
授業外学習の課題 できるだけ講義の前にテキストの該当するところを予習して読んでくることが望ましい。
履修上の注意事項 講義中の私語、立ち歩き、途中退席は厳禁です。講義中は携帯電話の電源を切ること。
成績評価の方法・基準 期末試験80%、小テスト20%で評価します。
テキスト 栗山浩一・馬奈木俊介「環境経済学をつかむ(第3版)」2016 年 有斐閣。
参考文献 浅子和美・落合勝昭・落合由紀子「グラフィック環境経済学」2015年 新世社。        
時政勗・藪下雅弘・今泉博国・有吉範敏「環境と資源の経済学」2007年 勁草書房。        
植田和弘・岡敏弘・新澤秀則「環境政策の経済学 理論と現実」1997年 日本評論社。      
武隈愼一「ミクロ経済学 増補版」1999年 新世社。
主な関連科目 環境経済学Ⅱ、ミクロ経済学、公共経済学、財政学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
oosawa@hiroshima-u.ac.jp
までメールして質問するか、講義の後に。あるいは講義前に非常勤控室に来られてもかまいません。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(A群) 2007~2010 3・4
経済科学部現代経済学科(C群) 2011~2016 3・4
経済科学部経済情報学科(A群) 2007~2010 3・4
経済科学部経済情報学科(H群) 2011~2016 3・4