授業コード 32086700 クラス
科目名 英語コミュニケーション論Ⅱ 単位数 2
担当者 竹井 光子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 英語よるコミュニケーションおよび異文化理解の理論的・実践的考察
-Theoretical and practical aspects of communication and cross-cultural understanding
授業の概要 「コミュニケーション」「言語」「文化」の3つをキーワードとして、人と人とのコミュニケーションについて考えるときに必要な概念を理論的、体系的に論じます。また、英語を媒介とするコミュニケーションという視点から、その意義や課題について英語教育に関連づけながら考えます。「文化」を意識しつつ、前期は、「言語コミュニケーション」に、後期は「非言語コミュニケーション」に焦点を当てます。
学習の到達目標 (1)コミュニケーションについて考えるときに必要な概念に関する知識を身に付けることができる。
(2)コミュニケーションに関連する基礎的概念を自己のコミュニケーション経験にあてはめて考察することができる。
(3)コミュニケーションの理論的側面を理解し、英語コミュニケーションや英語教育の実践の場で活用することができるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス: 講義の概要説明と前期の復習
第2回 言語と文化
第3回 コミュニケーションの場と背景
第4回 まとめ(文化・コンテクスト)と中間発表準備
第5回 中間発表【1】
第6回 非言語コミュニケーション(1):種類・機能
第7回 非言語コミュニケーション(2):音声メッセージ
第8回 非言語コミュニケーション(3):非音声メッセージ
第9回 まとめ(非言語コミュニケーション)と中間発表準備
第10回 中間発表【2】
第11回 映画でみる異文化間コミュニケーション
第12回 グループプロジェクト準備(1)
第13回 グループプロジェクト準備(2)
第14回 グループプロジェクト発表
第15回 後期のまとめと期末レポートについて
授業外学習の課題 予習としてテキストの該当章を事前に読んでくることが必要です。それに基づき授業内でのディスカッションに参加します。また、2回の中間発表、1回のグループ発表を行います。発表に必要なパワーポイント等の作成が必要となります。授業内に準備が完了しない場合には、授業外で調整する必要があります。
履修上の注意事項 ・講義は、教職課程の履修生であることを前提に進めます(英語教育や国際理解教育に強い関心があることが望ましいです)。
・ディスカッションやグループワークなどでの積極的な発言や参加を望みます。前期・後期の順で履修することを原則とします。出席率重視します。
・授業計画は、進捗によって多少変更となる場合があります。授業計画の詳細は、随時 moodle コース内で提示していきます。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(ディスカッション、グループワークへの参加度)10%
中間発表(2回) 40%
グループプロジェクト発表(1回) 20%
期末レポート 30%

*基準の詳細については、下記のルーブリックを参照しててください。
テキスト 「コミュニケーション学 その展望と視点」末田清子/福田浩子(松柏社)¥2,000+税
ISBN978-4-7754-0177-4
*前期・後期を通して使用します。

授業計画の詳細や課題学習、参考資料などは、moodleコース上で提示します
参考文献 必要に応じて紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内外で対応します。
メール(アドレスは授業時に指定)による相談にも応じます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(H群) 2007~2016 2・3・4