授業コード 32071951 クラス 51
科目名 情報処理Ⅱ 単位数 2
担当者 山本 克子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 情報処理Ⅱ
授業の概要 『情報をどのように表現すると効果的で、かつ、相手に伝わりやすくなるのか』という点に着目して、エクセルを中心に実習(回によってはパワーポイント、ワードを利用)します。


前半は、①基本操作の習得 ②課題演習による定着 をセットで進めます。課題にじっくりと取り組めるように、比較的ゆったりとした時間配分としています。授業中にしっかりと質問もできますので、苦手な人も確実に理解でき自信がつきますし、得意な人はさらなるスキルの向上が見込めます。

後半は、実務で重要となってくる機能に絞って、実践的なデータを利用して活用方法を学習することで、実力を養成します。
学習の到達目標 ・情報を適切に図解できるようになる。
・目的に沿った効果的なグラフが作成できるようになる。
・目的に応じて的確なデータの集計できるようになる。
・関数が使えるようになる。
授業計画 第1回 授業ガイダンス
1年次復習1
第2回 第1章 関数の利用(テキスト)
第3回 課題:関数(プリント)
第4回 第2章 表の活用(テキスト)
第5回 課題:注文書の作成(プリント)
第6回 第3章 グラフの利用(テキスト)
課題:基本のグラフ
第7回 課題3-2 発展グラフ
課題:ヒストグラム、パレート図、Zチャート等の作成方法と用途
第8回 第4章 グラフィックの利用
課題:図解の基礎知識1
第9回 課題:マートアート他(パワーポイントを利用)
課題:図解の基礎知識2(階層図、ベン図、放射線図、マトリクス図、座標図などの作成方法と用途)
第10回 第5章 データベースの活用
第11回 第6章 ピボットテーブルとピボットグラフの作成
第12回 ワードで資料を作成する①
 エクセルの表やグラフを利用する
 箇条書き、段落番号、図表番号と相互参照、脚注、セクションの活用
第13回 ワードで資料を作成する②
 長文作成をサポートする機能(アウトライン、目次)
第14回 総合課題① 売上報告と資料作成
 ※エクセルで集計、ワードで報告書作成
第15回 総合課題② 売上報告と資料作成
 ※エクセルで集計、ワードで報告書作成
授業外学習の課題 授業外の課題は課しませんが、時間内に完成できなかった場合や欠席した場合には時間外に課題を完成して、提出してください。
履修上の注意事項 情報処理入門1は単位取得済であるほうが望ましいですが、同程度の知識があれば問題ありません。
その他の情報処理基礎及び情報処理入門2(2017年度生)については、履修済である必要はありません。

出席及び課題等はムードルで確認をしてください。
授業内で配布するプリントやデータはムードルにアップロードしますので、休んだ時には各自で印刷してください。

履修人数の上限は36名です。
成績評価の方法・基準 提出物(60点)・総合課題(15点×2問)・章末問題(10点)を目安に評価をします。
テキスト 学生に役立つExcel2013応用 978-4-86510-114-0  FOM出版 2,160円 (本体 2,000円)
課題はプリントを配布、または、ムードルにて提供します。
参考文献
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は授業時間内に受け付けます。
メールアドレスは、授業時間内に案内します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(G群) 2007~2016 2・3・4