授業コード 32029200 クラス
科目名 日本の政治 単位数 2
担当者 篠原 新 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 日本の政治 Japanese Politics
授業の概要  この授業は、日本政治、とくに戦後の日本政治の仕組みや実態についての基礎的な知識を得ることを目的としています。第二次世界大戦後、日本政治はどのような軌跡を辿ってきたのか、また、現代の日本政治はどんな仕組みによって動いているのか、さらには、そこでいかなるアクターが活動し、いかなる問題に直面しているのかなどについてできるだけ分かりやすく説明します。
 なお、関連する時事問題についても随時取りあげて解説していきたいと思います。ただし、進捗状況によっては講義内容を一部変更することがあります。
学習の到達目標 この授業では、日本政治を理解するために、大きく以下の3点を到達目標とします。
1.戦後日本政治の概要について説明することができる。
2.現代日本政治の問題とその背景について説明できる。
3.日本政治について、自ら情報を集め分析することができる。
授業計画 第1回 はじめに──オリエンテーション
第2回 1940年代の政治──独立回復と政党の乱立
第3回 1950年代の政治──55年体制の成立
第4回 1960年代の政治──安保闘争と野党の多党化
第5回 1970年代の政治──沖縄返還と日中国交正常化
第6回 1980年代の政治──戦後政治の総決算と政治腐敗
第7回 1990年代の政治──冷戦崩壊と政治改革
第8回 2000年代の政治──二大政党制への接近と幻滅
第9回 国会──「強い」国会と「弱い」国会
第10回 選挙──中選挙区制と小選挙区比例代表並立制
第11回 政党──変化する政党システムと政党組織
第12回 マスメディア──権力への批判と迎合
第13回 地方政治──中央と地方の関係変化
第14回 外交と安全保障──日米安保と日本国憲法
第15回 まとめ──日本政治の課題と今後の展望
授業外学習の課題 ・毎回、授業内容に関係する資料を配付するので、復習をしてください。
・普段から政治に関心を持ってテレビやインターネット、新聞等のニュースに目を通すようにしてください。
履修上の注意事項 ・遅刻、授業中の私語は禁止します。
・提出物の期限は厳守してください。
・その他の注意事項は、初回の授業時に説明します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 毎回の授業の感想や質問(15%)と最後の授業で行う理解度判定(15%)及びレポート(70%)で評価します。変更する場合は、事前にお伝えします。
テキスト テキストは使用しません。毎回レジュメを配布します。
参考文献 ・薬師寺克行『現代日本政治史』有斐閣、2014年。
・五百旗頭真(編)『戦後日本外交史 (第3版補訂版)』有斐閣、2014年。
・石川真澄、山口二郎『戦後政治史(第三版)』岩波書店、2010年。
 その他は適宜、紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中や授業終了後に、質問と相談を受け付けます。そのほかの時間にも受け付けますが、事前に連絡をください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科 FLIP20502 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 2・3・4