授業コード 32017100 クラス
科目名 国際ジャーナリズム論 単位数 2
担当者 船津 靖 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際報道の現在と課題 Global Journalism and its challenges
授業の概要  現在の国際報道を主導しているのは国家権力から独立した欧米の新聞・通信社、放送局である。そうした主要メディアのジャーナリズムは、民主政治と共にイギリス、アメリカなどの新聞や通信社の競争の中から発展してきた。ニューヨーク・タイムズ紙、CNNテレビ、ロイター通信、AP通信、BBC放送など言論・報道の自由を掲げる主な国際メディアの特徴と歴史的な報道について講義する。
 自由で多様であるべきメディアと、情報を統制しようとする政治権力との対立と癒着、取材・報道の実態を解説する。
 トランプ米政権の動向や国際テロ事件など開講期間中に重大な国際ニュースがあれば、時間の許す限り解説する。教員のモスクワ、エルサレム、ロンドン、バグダッド、ニューヨークなどを拠点とした取材経験を適宜紹介する。
 昨年度は、日本人による国際理解の難所である一神教の基礎知識の解説に相当の時間を割いたが、来年度開講予定の「中東の政治と社会」や「異文化理解論」に移管し、本年度は最小限の説明にとどめる。
学習の到達目標  日本の新聞やテレビの国際ニュースに日頃から触れ理解できるようになる。言論・表現の自由の大切さ、主なメディアの特徴、政治とメディアの関係を理解できるようになる。フェイク(偽)ニュースに惑わされずに、信頼できる多角的な情報を取捨選択できるようになる。国際ニュースを理解するのに必要な基礎知識が身に付けられるようになる。
授業計画 第1回 ①講義全体の目的と構成、ニュース記事の特性
第2回 ②現代の主な国際メディアと日本の国際報道
第3回 ③トランプvs.米メディア
第4回 ④活版印刷、検閲、言論の自由
第5回 ⑤ニューヨーク・タイムズのペンタゴン秘密文書報道
第6回 ⑥中東の紛争地報道
第7回 ⑦速報とスクープの追求
第8回 ⑧中間まとめ
第9回 ⑨ワシントン・ポストのウォーターゲート事件報道
第10回 ⑩国際政治を変えたニュース専門衛星テレビCNN
第11回 ⑪原爆投下、核兵器開発をめぐる報道統制
第12回 ⑫BBC放送のイラク戦争報道
第13回 ⑬ウィキリークス、スノーデンの国家機密暴露
第14回 ⑭デジタル時代のジャーナリズム
第15回 ⑮まとめ
授業外学習の課題  新聞、テレビなどで国際ニュースをフォローすること。自分が興味を持てるテーマを追いかけること。幅広い国際知識の習得に努力すること。小論・作文等の課題の提出を求めた場合には期限までに提出すること。ときには英語メディアにも努力して直接触れることが望ましい。
履修上の注意事項 専用の自筆ノートに板書や講義の内容を書きとめること。
小論やレポートを課す可能性がある。
 私語で周囲の学習の妨げになる学生は、教員に指示されたら速やかに学生証を提示すること。成績評価の際に参照する。無断の途中退室、大幅な遅刻などをする学生の受講は歓迎しない。同様の対応をすることがある。
 大ニュースが飛び込んできた場合などにはシラバスの順序や軽重を修正する。
 教科の性格上、内容は複雑で多岐にわたる。「国際社会は複雑で難しいけど面白い」と楽しめる、向上心のある学生を歓迎する。


【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準  期末試験(90%)で評価する。課題や授業への取り組み姿勢を加味する。
テキスト  新聞記事の国際ニュース。
 必要に応じてプリントを配布する。
参考文献  船津靖著『パレスチナー聖地の紛争』(中公新書、2011年、電子書籍あり)
 講義の中で随時紹介する。
主な関連科目  メディア論、アメリカの政治と社会、国際政治英語、憲法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中の質問を歓迎し評価する。授業後も時間が許せば対応する。それ以外はまずメールなどで相談を。funatsu@shudo-u.ac.jp

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(C群) 2007~2016 2・3・4