授業コード 32015600 クラス
科目名 国際NGO論 単位数 2
担当者 名波 彰子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 グローバル問題と非政府組織(=NGO)の役割について考える Roles of NGOs in Globalisation
授業の概要 近年世界的に注目を集めるようになったNGO。しかしその実態は意外なほど理解されていない。この講義では、国際社会において活躍しているNGOのあり方について紹介しながら、事例を用いて以下のような問題について考察していきたい。

①NGOとは何か
②なぜNGOに注目が集まるようになったのか
③NGOは現代の国際社会においてどのような役割を果たし、どのような意義を有しているのか
④課題と展望
学習の到達目標 NGOというテーマを通じ、自らが国際関係の中でどのような位置にいるのか、どのように国際関係と関わっているのを自分の多様な視点から詳しく説明できるようになるのが到達目標です。
授業計画 第1回 第1回 コース・ガイダンス ~NGOとは何か~
第2回 第2回 NGO登場の背景 ~なぜNGOは必要とされるのか
第3回 第3回 NGO登場の背景 ~世界の現実、日本の現実
第4回 第4回 NGO登場の背景 ~国際政治とNGO
第5回 第5回 組織としてのNGO ~その特性
第6回 第6回 組織としてのNGO ~社会における機能
第7回 第7回 ハーフタイム これまでのふりかえり
第8回 第8回 政府とNGOの関係
第9回 第9回 国際機関とNGOの関係
第10回 第10回 NGOの諸問題
ヒト・モノ・競争
第11回 第11回 NGOを巡る現実 ~事例研究 日本
第12回 第12回 NGOを巡る現実 ~事例研究 オセアニア
第13回 第13回 NGOを巡る現実 ~事例研究 北欧
第14回 第14回 2000年代からのNGOの役割の転換
第15回 第15回 まとめ:これからのNGOのあり方
*受講生の進捗状況によってこの計画は変更されることがあります。
授業外学習の課題 1.実態があまり広くは知られていないNGOというトピックを扱う授業のため、第2回目の講義までに参考文献にあげた中から少なくとも1冊は読了しておくこと。
2.この講義は国際政治の専門知識を多く活用するので、教員が事前に指示した参考文献や資料を通じて予習・復習をしておくことが望ましい。
3. 複数回の宿題の提出や授業内での小テストの実施があります。
履修上の注意事項 1.他の受講生の迷惑になることを防ぐため、授業開始から10分後の入室については欠席扱いとなります。
2.また、他の受講生の迷惑となる行為(私語など)については厳禁です。指示に従わない場合は、退室を含む措置をとります。
3.掲示板で授業に関する最新情報をよく確認すること。
4.授業内で小テストの実施を予定しています。日程や形式については授業中に詳細な指示をします。

※機会があれば、NGO活動に携わっておられる方をゲストとしてお招きしたいと思います

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(宿題提出を含む) 10%
授業内の小テスト・まとめテスト   90%
以上で総合的に評価する。

詳細は第1回目講義において説明する。
テキスト 授業でレジュメを配布する。但し、参考文献のうち少なくとも一冊を読了しておくことが望ましい。
また、欠席によってレジュメを受け取れなかった場合は、第2研究棟の教員が指定する場所に、自分で取りに来ること。
参考文献 松本やより『市民と援助ーいま何ができるかー』、岩波書店、1990年
日本国際ボランティアセンター(JVC)『NGOの時代ー平和・共生・自立』、めこん、2000年
金敬黙・福武慎太郎・多田透・山田裕史編著『国際協力NGOのフロンティアー次世代の研究と実践のために』、明石書店、2007年
熊岡路矢『カンボジア最前線』、岩波書店、1993年
主な関連科目 国際政治経済論Ⅰ・Ⅱ、国際NGO論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
原則として授業直後の時間となります。
それ以外の時間については、メール等でアポイントをとってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(D群) 2007~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(関連科目) 2007~2016 3・4
人間環境学部人間環境学科(関連科目) FHES38101 2017~2017 3・4