授業コード 32012700 クラス
科目名 平和学Ⅱ 単位数 2
担当者 佐渡 紀子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 武力行使と平和 -Peace Studies II: Case Studies and Views on Armed Conflicts -
授業の概要 平和とは、狭義には国家間戦争がない状態をさす。国家間での武力行使が違法化されてのちも、しかし、武力が使用される場面は数多く存在した。
本講義では、第二次世界大戦以降の武力行使の事例を複数取り上げ、それらの背景と経緯を明らかにすることで、武力紛争の姿をより具体的につかむことを目指す。そのうえで、今日的論者が武力行使と平和に対してどのような論点を立てて論じているのかを取り上げる。これらを通じて、武力行使に対する自分自身の考えを構築してほしい。
学習の到達目標 代表的武力紛争を、対立するアクターや原因とともに説明できる。
武力行使の正当化に関連する諸概念を説明できる。
武力行使に関する代表的論者の主張に対する、自身の考えを述べることができる。
授業計画 第1回 イントロダクション(ねらいとルールの共有化)
第2回 武力行使と戦争の違法化(1)
第3回 武力行使と戦争の違法化(2)
第4回 武力紛争と介入の論理(1):自衛
第5回 武力紛争と介入の論理(2):制裁
第6回 武力紛争と介入の論理(3):人道的介入
第7回 武力紛争と介入の論理(4):正戦論
第8回 武力行使をめぐる論点の振り返り
第9回 論者との対話(1):武力行使と合法性 その1
第10回 論者との対話(2):武力行使と合法性 その2
第11回 論者との対話(3):武力行使と合法性 その3
第12回 論者との対話(4):武力行使と人道性 その1
第13回 論者との対話(5):武力行使と人道性 その2
第14回 論者との対話(6):武力行使と人道性 その3
第15回 総括
授業外学習の課題 予習として配布資料の読解が求められます。
講義の際、各回のねらいに対応した復習課題を提示します。
講義の内容理解のためには、配布資料の読解、復習課題への取り組みは必須です。
履修上の注意事項 1.課題の提出場所、提出期限については、初回講義時に指示します。
2.履修者には、講義中、質問への回答や情報提供が期待されます。
3.履修者間での意見共有や議論が求められる授業が、複数回あります。
4.本授業の配布物や連絡事項は、Moodleシステムを使用して履修生に伝達します。
5.平和学I、平和学II、安全保障論は、知識を増やすと同時に考え方を深める授業科目です。そのため、これらの科目を同一年度に集中的に履修するよりも、複数年度にわたって、分散して履修すると、理解が深まります。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 学期末試験(論述、持ち込み不可) 80%
課題提出状況          20%
テキスト 指定しない。
参考文献 加藤朗『入門・リアリズム平和学』勁草書房、2009年(2,940円)
山内進『「正しい戦争」という思想』勁草書房、2006年(2,940円)
主な関連科目 平和学I、安全保障論、国際政治学I・II、国際機構論I・II、国際関係史I・II
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.質問、相談は、授業終了時に受け付けます。
2.時間をかけての質問や相談がある場合には、メールまたは直接、連絡をしてください。面談日程を調整します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科 FLIP20414 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(D群) 2007~2016 2・3・4