授業コード 32009100 クラス
科目名 国際政治経済論Ⅰ 単位数 2
担当者 名波 彰子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際政治経済問題の諸相
授業の概要 「国際政治経済論Ⅰ」では、複雑な変化を続ける近年の国際社会の中で政治経済がどう発現し、どのように相互に関係しあって国際社会が進む方向を決定づけているかを、理論や枠組み研究に加えて具体的な事例研究を行い、理解する。特に、「テロとの戦い」に関わり大きな転換点を迎えようとしている国際社会による援助政策について着目する。

理論的枠組みを考察した後に事例研究を行うが、日本を含めたアジア太平洋地域、とくに日本では注目が比較的薄いオセアニア地域からの事例を積極的に活用する。

注)なお、後期開講予定の「国際政治経済論Ⅱ」と連動性はありません。
学習の到達目標 政治や経済が複雑に絡み合う国際政治経済という領域を様々な局面から理解し、さまざまな意味でグローバル化が進んでいくと予想される今後の世界の政治経済の姿を、受講生なりに描けるようになることが目標です。
授業計画 第1回 第1回 コースイントロダクション/国際政治経済の世界 
その1 今、何が問題なのか
第2回 第2回 国際政治経済の世界 
その2 グローバル化の中の政治の論理
第3回 第3回 国際政治経済の世界 
その3 グローバル化の中の経済の論理
第4回 第4回 途上国支援の流れ 
その1 貧困削減への取り組み
第5回 第5回 途上国支援の流れ 
その2 途上国支援の基本的な仕組み 1
第6回 第6回 途上国支援の流れ 
その3 途上国支援の基本的な仕組み 2
第7回 第7回 ハーフタイム これまでのふりかえり
第8回 第8回 アジア太平洋地域の政治経済問題 
その1 グローバル化の中のアジア太平洋
第9回 第9回 アジア太平洋地域の政治経済問題 
その2 グローバル化の中の日本の課題
第10回 第10回 事例研究 対外援助政策 
貧困削減の政治経済
第11回 第11回 事例研究 対外援助政策 
平和構築と復興支援の政治経済
第12回 第12回 事例研究 対外援助政策 
市民社会の役割
第13回 第13回 事例研究 対外援助政策 
オーストラリア・ニュージーランドの支援
第14回 第14回 事例研究 対外援助政策 
北欧の支援
第15回 第15回 まとめ:のぞましい援助の形とは
なおこの講義計画は、受講生の理解度や講義の進捗状況の変化によって変更されることがあるので、講義内の連絡に注意してください。
授業外学習の課題 1.はじめて国際政治経済学に触れる受講生もいると思うので、テキストには挙げていないが、参考文献に挙げた2冊を事前に読了しておくことが重要です。
2.常に自分の問題関心とひきつけるため、新聞や雑誌などの国際政治経済関連の記事を読むこと。授業で各自が選んだ記事について書いてもらう機会も多くあります。
3.この授業では、国際政治学の知識を多く活用するので、参考文献や教員が事前に指示した資料や書籍を使って予習・復習しておくことが必要となります。
履修上の注意事項 1.他の受講生の迷惑となるので、講義開始後10分以降の入室については欠席扱いとなることに注意してください。
2.テスト等をやむを得ない理由で欠席をした場合は、理由を提示した書類等〈医師の診断書など)を添えて、必ず教員に書面で伝えてください。
3.他の受講生の迷惑となる行為(私語など)に関しては、退室・履修停止を含む措置をとります。
4.就職活動による欠席は、書面で教員に伝えてください。その際、必ず大学所定の「就職活動証明書」を呈示してください。
5.複数回の課題提出、そして授業内で小テストを行う予定です。日程や形式については授業内で詳細な指示を出します。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み     (10%)
授業内小テスト・課題提出 (30%)
まとめテスト       (60%)

以上で総合的に評価します。


詳細については第1回目の講義で説明をする。
テキスト 授業でレジュメを配付する。
欠席によってレジュメを受け取れなかった受講生は、各自第2研究棟の教員が指示した場所にとりに来ること。
参考文献 高坂正堯・公文俊平編『国際政治経済の基礎知識[新版]』、有斐閣、1993年。
スティーブン・ブラウン著、安田靖訳『国際援助 歴史・理論・仕組みと実際』、東洋経済新報社、1993年。

他、適宜指示します。
主な関連科目 国際NGO論、国際政治経済論Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
基本的には授業の前後で対応する。
それ以外の時間については、メール等で事前にアポイントをとってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科 2007~2016 3・4
法学部法律学科 FLIP20308 2017~2017 3・4
法学部国際政治学科(C群) 2007~2016 2・3・4