授業コード 30131023 クラス 23
科目名 政治学関係演習BⅠ 単位数 2
担当者 矢野 秀徳 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 ブラックバイトの実態調査
授業の概要  修大生のブラックバイト被害の実態について調査する。
 まず、既存の文献講読を通じて、ブラックバイトの特徴や出現した背景について理解する。
次に、修大生を対象としたアンケート調査を実施し、どのぐらいの修大生がどういったブラックバイト被害に遭っているのかを明らかにする。回答者の協力が得られれば、インタビュー調査も行う。
 結果は、『修大生ブラックバイト調査2017(仮称)』の形で報告書としてまとめる。大学ウェブサイトにもリンクを貼り、広く世間に公表する。
学習の到達目標 大学生の生活実態を調査し、背景を考察・分析する。
授業計画 第1回 ガイダンスとイントロダクション
第2回 ブラックバイトとは何か考える①(文献購読・その1)
第3回 ブラックバイトは何か考える②(文献購読・その2)
第4回 アンケート項目を考える①
第5回 アンケート項目を考える②
第6回 アンケート項目を考える③
第7回 アンケート結果の分析①
第8回 アンケート結果の分析②
第9回 アンケート結果の分析③
第10回 アンケート結果の分析④
第11回 調査報告書の作成①
第12回 調査報告書の作成②
第13回 調査報告書の作成③
第14回 調査報告書の作成④
第15回 まとめ
授業外学習の課題 受講者は日頃から当該問題に関する知識を広げるよう努めること。
担当部分は責任をもって仕上げること。
履修上の注意事項 無断欠席は禁止。特に報告担当回の欠席は厳禁とし、DまたはX評価とする。ただし、就職活動との調整については考慮する。
私語は厳禁。
必ず発言すること。発言のない場合は欠席扱いとする。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 参加態度(発言の積極性と回数)50%
成果(報告と発言の内容)50%
なお、インターネット上の情報を単に貼り合わせただけの安易な報告は評価対象としないので注意すること。
報告担当時の無断欠席は自動的にDまたはX評価とする。
テキスト 今野晴貴『ブラックバイト:学生が危ない』岩波新書、2016年。
参考文献 演習時に適宜紹介する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義中・後、それ以外でも適宜応じる。
講義時以外は事前に内線電話かメールで連絡をとること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(B群) 2007~2014 2・3・4
法学部国際政治学科(B群) 2015~2016 3・4