授業コード 30111023 クラス 23
科目名 政治学関係演習AⅠ 単位数 2
担当者 矢野 秀徳 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 本を読み、現代を理解する
授業の概要 指定したテキストを講読する。
報告担当者は、テキストの担当章をレジュメにまとめ、内容や疑問点、異論、論点を提示する。それをもとに参加者全員で議論する。

使用するテキストはさしあたり次の2冊だが、後ほど1冊、新書を別途追加する。
①橘木俊詔『21世紀日本の格差』岩波書店、2016年。
②井出英策ほか『分断社会を終わらせる:「だれもが受益者」という財政戦略』筑摩選書、2016年。
学習の到達目標 テキストを批判的に読めるようになる。
テキストを通じて、現代日本の政治・社会を理解する。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 テキスト①第1章の報告と議論
第3回 テキスト①第2章の報告と議論
第4回 テキスト①第3章の報告と議論
第5回 テキスト①第4章の報告と議論
第6回 テキスト①第5章の報告と議論
第7回 テキスト②序章の報告と議論
第8回 テキスト②第1章の報告と議論
第9回 テキスト②第2章の報告と議論
第10回 テキスト②第3章の報告と議論
第11回 テキスト②第4章の報告と議論
第12回 テキスト③の報告と議論(1)
第13回 テキスト③の報告と議論(2)
第14回 テキスト③の報告と議論(3)
第15回 全体のまとめ
授業外学習の課題 テキストおよび指定された参考文献は必ず事前に読み、疑問点などをまとめておくこと。
履修上の注意事項 無断欠席、遅刻、私語は厳禁。報告担当時の無断欠席は自動的にDまたはXとなるので注意すること。
発言のない場合は欠席扱いとする。
テキストは必ず購入すること。本は書き込んだり線を引いたりするものなので図書館で借りて済ませようというのは甘い。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 参加態度(発言の積極性と回数)50%
成果(報告と発言の内容)50%
報告担当時の無断欠席は大幅な減点対象とする。
テキスト ①橘木俊詔『21世紀日本の格差』岩波書店、2016年。
②井出英策ほか『分断社会を終わらせる:「だれもが受益者」という財政戦略』筑摩選書、2016年。
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 政治学、現代政治、政治学概論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義中・後、それ以外でも適宜応じる。
講義時以外は内線電話かメールにて連絡をすること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(B群) 2007~2016 2・3