授業コード 30100412 クラス 12
科目名 平和学・地域研究演習BⅡ 単位数 2
担当者 佐渡 紀子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際社会と日本社会の共振(事例研究) - Seminar BII -
授業の概要 国際社会や日本社会が直面する課題に関する6000字程度の論文を完成させることを目指す。3年次生については、基礎研究と先行研究の検討・分析に重点を置く。4年次生についてより専門的なテーマ設定を行い、研究論文を完成させる。
研究の途中経過をゼミにおいて発表し、他の履修生と議論することで、論文をより良いものとして完成させる。
また引き続き本演習は、グループのなかで議論を実りあるものにするために必要な行動を、実践する場としても位置づける。そのために本演習では、プレゼンテーションやディスカッションの手法を実践する機会を設ける。
学習の到達目標 【内容面】
①研究分野および研究テーマについて、その問題の概要や取り上げる意義を説明できる。
②研究および研究テーマについて、分析軸を立てた分析の結果を説明できる。
【技術面】
①研究に必要な文献を十分に収集できる。
②研究に必要な文献の読み取り・分析ができる
③文献の性質を理解した活用ができる
④研究論文を完成することができる
⑤意見交換・発表の場で、考えや情報を多様かつ適切な手法で表現・伝達できる。
授業計画 第1回 イントロダクション(ねらいとルールの共有化)
第2回 研究発表:初稿作成に向けて(1)
第3回 研究発表:初稿作成に向けて(2)
第4回 研究発表:初稿作成に向けて(3)
第5回 研究発表:初稿作成に向けて(4)
第6回 研究発表:初稿作成に向けて(5)
第7回 研究発表:初稿をもとに(1)
第8回 研究発表:初稿をもとに(2)
第9回 草稿分析(1):初稿の相互分析とアドバイス
第10回 研究発表:第2稿にむけて(1)
第11回 研究発表::第2稿にむけて(2)
第12回 研究発表::第2稿にむけて(3)
第13回 研究発表:第2稿にむけて(4)
第14回 草稿分析(2):第2稿の相互分析とアドバイス
第15回 総括
授業外学習の課題 1.先行研究を収集し、分析する。
2.研究計画書をもとに、論文を執筆する。
3.ディスカッションのために課す課題に取り組む。
履修上の注意事項 ・佐渡担当の演習BIとの連続履修が望ましい。また4年次生で要件を満たしている場合には、卒業研究をあわせて履修することを勧める。
・演習は参加者が協力して、共に学ぶ場として作り上げるものである。ついては、無断欠席は厳禁である。欠席をしなければならない場合には、できる限り事前に、それが難しい場合には事後速やかに、佐渡まで理由とともに欠席を知らせること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 発表の状況(調査・研究内容、レジュメ、プレゼンテーション)30%
議論へ貢献30%、
論文 40%
テキスト なし
参考文献
主な関連科目 平和学I・II、安全保障論、国際政治学I・II、国際機構論I・II、国際関係史I・II
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.質問、相談は、授業終了時に受け付けます。
2.時間をかけての質問や相談がある場合には、メールまたは直接、連絡をしてください。面談日程を調整します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(B群) 2007~2014 2・3・4
法学部国際政治学科(B群) 2015~2016 3・4