授業コード 30067400 クラス
科目名 国際政治英語(ニューヨーク・タイムズを読む) 単位数 2
担当者 船津 靖 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 New York Timesを読む!
授業の概要  New York Timesを読む!という授業のタイトルは勇ましいが、あくまで目標。世界が注目するアメリカの高級紙NYTの英語を読むにはそれ相当の語彙と背景知識がいる。
授業の骨格は、下記テキストの第3章政治(Politics)から7テーマ、第6章生活・社会(Life & Society)から4テーマの計11テーマを題材に、語彙、発音、知識を強化し、NYT級の英語への架け橋とすることにある。各テーマの英文はそれぞれ10数行。すべて和訳と単語帳がついて11テーマの総頁数は38頁である。
余った時間を
(1)同テキスト第1章ニュース最重要単語(Basic300)を使ったボキャビル
(2)NYTなどの関連記事の教員による解説
―に充てる。教材や授業のやり方は、学生の現在のレベルを考慮しできるだけ柔軟に対応する。
学習の到達目標  英語メディアの国際政治英語を読むためのボキャビルができるようになる。英語を日本語に訳さず速読、多読できるようになる。英文記事のサイトに日頃から目が行くようになる。記事の背景にある時事的な知識の基礎が身に付けられるようになる。
授業計画 第1回 ①ガイダンス、自己紹介、国際ニュースの媒体、トライアル
第2回 ②国家・主権
第3回 ③外交
第4回 ④人権
第5回 ⑤政治システム
第6回 ⑥選挙
第7回 ⑦兵器
第8回 ⑧中間まとめ
第9回 ⑨犯罪・法執行
第10回 ⑩裁判
第11回 ⑪事故・災害
第12回 ⑫宗教
第13回 ⑬復習と発展(1)
第14回 ⑭復習と発展(2)
第15回 ⑮最終まとめ
授業外学習の課題  予習、復習。速読、音読の練習。英語ニュースの視聴を心掛ける。
履修上の注意事項  できるだけ初回から下記テキストを持参すること。
 専用のノートをつくる。
 授業の性格上、英語を伸ばしたいと本当に思っている人以外には向かない。やる気のある学生は歓迎し、現在の学力を問わず、できるだけめんどうをみる。
 留学や資格試験受験を予定している学生は一定の配慮、指導をする。
 無断欠席、遅刻には厳しく対処する。遅刻・欠席が多く、授業に真剣に取り組まない学生の履修は取り消す。

※履修人数の上限は20名です。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準  授業への取り組みを60%、音読・発言を20%、宿題・小テストを20%の割合で評価する。授業の状況をみて変更することもありうる。その場合は周知する。
テキスト   成重寿、Robert Reed『WORLD NEWS 英単語 スピードマスター』(Jリサーチ出版、2014年)
参考文献  必要に応じて紹介する。
主な関連科目  国際ジャーナリズム論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
 授業中の質問は基本的に歓迎する。授業後も時間が許せばできるだけ対応する。それ以外の質問・相談はまずメールで連絡をしてくれると調整しやすい。funatsu@shudo.ac.jp

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(H群) 2007~2016 2・3・4