授業コード 30067200 クラス
科目名 特殊講義E(政治過程論) 単位数 2
担当者 篠原 新 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 政治過程論 Political Process
授業の概要  政治過程論は政治学の中では比較的新しい領域であり、今もなお、多くの研究者によって発展し続けています。こうした政治過程論は、具体的な事例の分析から得られた知見を一般化し、理論やモデルとして提示することを重視してきました。この授業では、政治過程論と政治学の関係や政治過程論の代表的な理論やモデルを概説します。また、これらの理論やモデルが現代の日本政治に示唆することについても説明します。こうしたことを通じて、政治過程論の基礎を理解し、自ら政治過程について分析する力を得ることがこの授業の大きな目標です。
 なお、関連する時事問題についても随時取りあげて解説していきたいと思います。ただし、進捗状況によっては講義内容を一部変更することがあります。
学習の到達目標 この授業では、政治過程論を理解するために、大きく以下の3点を到達目標とします。
1.政治過程の仕組みやその課題について説明することができる。
2.日本における政治過程の概要とその特徴について説明できる。
3.関心のある政治過程について、自ら情報を集め分析することができる。
授業計画 第1回 はじめに──オリエンテーション
第2回 政治過程論とは何か?──他の政治学分野との違い
第3回 権力──権力研究の系譜
第4回 民主主義──民主主義についての定義とその変遷
第5回 議会──期待と実態の乖離
第6回 選挙──日本の選挙と諸外国の選挙の違い
第7回 政党──有権者との関係の変容
第8回 利益集団──歴史的背景と現代政治への影響力
第9回 NGOとNPO──既存の利益集団との違い
第10回 マスメディア──マスメディアの影響力と政治過程
第11回 世論──世論観の変遷と有権者との関係
第12回 政治過程のモデル──政治過程論は政治過程をどのように分析してきたのか?
第13回 国内政治の政治過程──伝統的分析と新たな知見
第14回 国際政治の政治過程──科学的分析とその限界
第15回 まとめ──政治過程論の課題と今後の展望
授業外学習の課題 ・毎回、授業内容に関係する資料を配付するので、復習をしてください。
・普段から政治に関心を持ってテレビやインターネット、新聞等のニュースに目を通すようにしてください。
履修上の注意事項 ・遅刻、授業中の私語は禁止します。
・提出物の期限は厳守してください。
・その他の注意事項は、初回の授業時に説明します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 毎回の授業の感想や質問(15%)と最後の授業で行う理解度判定(15%)及びレポート(70%)で評価します。変更する場合は、事前にお伝えします。
テキスト テキストは使用しません。毎回レジュメを配布します。
参考文献 ・川人貞史、吉野孝、平野浩、加藤淳子『現代の政党と選挙 新版』有斐閣、2011年。
・建林正彦、曽我謙悟、待鳥聡史『比較政治制度論』有斐閣、2008年。
・伊藤光利、真渕勝、田中愛治『政治過程論』、有斐閣、2000年。
 その他は適宜、紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中や授業終了後に、質問と相談を受け付けます。そのほかの時間にも受け付けますが、事前に連絡をください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 2・3・4