授業コード 30066700 クラス
科目名 インターンシップ(司法書士事務所2017) 単位数 2
担当者 山田 健吾 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 司法書士事務所で法律実務を学ぶ
授業の概要 オリエンテーションを兼ねた事前講義、司法書士事務所における実習、レポートの提出と事後講義を内容とする。事前講義は前期講義期間中に、実習は8月下旬から9月上旬の間に、事後講義は後期講義期間中に実施します。具体的な実習内容については、下記の授業計画の第8回目を参照してください。
学習の到達目標 法律実務に関する実習を通じて、法律学についての理解を深め、また学習・研究活動に対する問題関心を喚起する。
授業計画 第1回 第1回:ガイダンス・インターシッププログラムの説明
第2回 第2回:事前講義①(司法書士とは・実習の内容)
第3回 第3回:事前講義②(日程・実習に必要な法的知識)
第4回 第4回:マナーアップ講座①
第5回 第5回:マナーアップ講座②
第6回 第6回:マナーアップ講座③
第7回 第7回:マナーアップ講座④
第8回 第8回:実習①(不動産登記業務)
第9回 第9回:実習②(会社の設立・役員変更等の登記手続き)
第10回 第10回:実習③(裁判業務)
第11回 第11回:実習④(財産管理業務)
第12回 第12回:実習⑤(まとめ)
第13回 第13回:事後講義①(経験交流・実習レポート作成)
第14回 第14回:事後講義②(実習レポート作成・実習報告会へ向けての準備)
第15回 第15回:実習報告会
授業外学習の課題 受講生は法律関連科目、とくに主な関連科目の学修に真摯にとりくんで、インターンシップで与えられる課題に的確に対応できるよう準備をしてください。
履修上の注意事項 ○今年度のインターンシップ募集要項が届き次第、掲示にてお知らせします。募集要項が揃い次第、改めて公務職場インターンシップの募集説明会を行います。募集説明会の日時は、4月中旬以降、掲示にてお知らせしますので、掲示に注意してください。
○他の主なインターンシップ科目と同様、マナー講座などにも出席を求めます。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 事前・事後講義における履修状況(20点)、実習における評価(60点)、実習レポート(20点)をもとに総合的に評価します。
テキスト 別途指示します。
参考文献 別途指示します。
主な関連科目 憲法、民法、会社法、民事訴訟法、法律実務文書
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
原則として授業終了時に質問相談を受けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(発展科目) 2007~2017 2・3・4