授業コード 30062300 クラス
科目名 法律基礎B(刑事裁判のしくみ) 単位数 2
担当者 山崎 俊恵 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 刑事裁判のしくみ
授業の概要  刑事裁判に関する基礎知識を習得するための科目である。刑事裁判の基本を学習したい者やこの科目を履修した後にさらに刑事裁判について学習を深めることを予定している者向けの科目である。
 裁判員制度の導入により、法律の専門家ではない一般の市民であっても刑事裁判に関与する可能性が生じ、刑事裁判のしくみを理解しておく必要性が高まっている。この科目では、犯罪があった場合の、捜査に始まり刑の執行に至るまでの刑事手続の流れを概観する。また、刑事手続に関する基本的な、かつ重要な原理・原則を学習する。裁判員制度や犯罪被害者保護のための制度も取り上げる。さらに、昨年の刑事訴訟法等の改正により新たに導入された制度についても取り上げる。
学習の到達目標  刑事裁判のしくみと基本的な原則を理解する。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 刑事手続の概要
第3回 捜査①
第4回 捜査②
第5回 公訴の提起
第6回 公判
第7回 証拠①
第8回 証拠②
第9回 第8回までの授業のまとめ
第10回 裁判
第11回 上訴・非常救済手続
第12回 裁判員裁判
第13回 犯罪被害者
第14回 刑事訴訟法等の改正と新しい制度
第15回 まとめ
授業外学習の課題  授業の復習をしっかり行う。
履修上の注意事項  授業中の私語・携帯電話の使用は厳禁である。
 六法を持参すること。
成績評価の方法・基準 学期末試験:100点(うち、多肢択一式:40点、論述式:60点)
テキスト なし
参考文献
主な関連科目 この科目を履修した後、刑事訴訟法を履修して、刑事手続についての理解を深めることを勧める。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
定期のオフィスアワーで対応する。それ以外の期間であっても随時対応するが、その場合は、事前に研究室に電話連絡をして在室を確認の上来室されたい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(法律基礎) 2007~2016 1・2・3・4
法学部法律学科(法律基礎) FLLA10122 2017~2017 1・2・3・4