授業コード 30057900 クラス
科目名 法律基礎A(判例学習入門) 単位数 1
担当者 田邉 真敏 他 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 判例学習入門
授業の概要 1 授業の概要

(1)法学部に入学したてのみなさんは、これから判例を読んだり、条文を読んだりしながら法律を学んでいくのですが、「判例って何だ?」「判例ってどうやって読むの?」「条文って何?」「六法って?」「そもそも法律を勉強するってどういうことだろう?」等々いろいろ考えて、分からないことだらけで不安に思ったりしているのではないでしょうか。
 本講義では、以上のような皆さんの疑問や不安にこたえるために、裁判所が示した判断である「判例をなぜ読む必要があるのか」「どう読めばよいのか」「法律学科で何をどうやって学べばよいのか」について、皆さんと一緒に勉強します。

(2)本講義では以下のことに取り組みます。
① 「判例をなぜ読む必要があるのか」ということを、弁護士などの実務家や研究者の視点から、皆さんと一緒に考えていきます。
② 裁判実務で、「判例がどのように作られるのか」「判例が実務においてどのような意味を持っているのか」ということを、具体的な事例を通して、皆さんと一緒に考えます。
③ 法律学科で判例を学ぶうえで大切なことを皆さんと一緒に考えます。
④ このシラバスに示されている授業計画は、過去の講義テーマに基づくサンプルです。授業は学外の弁護士による講義が中心となるため、各回の具体的なテーマは担当弁護士の人選後に決定し、最初の授業時に紹介します。

(3)判例学習は、法律学を勉強するための必要不可欠です。裁判実務や弁護実務がわかると、判例の読み方がわかるようになります。そして、判例について深く理解できるようになれば、法律学の授業がより一層わかるようになり、法律を学ぶ「楽しさ」を体感できるようになります。

2 授業の方法
(1)毎回のテーマに沿って講義を行います。
(2)次回の講義の資料が配付された場合は、予め読んで質問事項を考えてきてください。
(3)第一線で活躍している本学出身者を含む弁護士を非常勤講師としてお招きし、現場で起きている話をしてもらう機会を用意しています。
(3)講義終了時にミニッツペーパー(感想など)を書いて提出することが求められます。
学習の到達目標 (1)裁判というものを体感する。どんなこと(トラブル)が裁判になるのか。
(2)判決がどのようにして出来上がってくるのかを理解する。裁判はどう行われ、裁判所はどう判断するのか。
(3)弁護士の仕事がどのようなものかを理解する。弁護士はどんなことをしているのか。
(4)判例の読み方を理解する。
授業計画 第1回 第1回 ガイダンス
第2回 第2回 少年事件
第3回 第3回 倒産法制
第4回 第4回 憲法訴訟
第5回 第5回 判例の読み方
第6回 第6回 賃貸借契約の判例と実務
第7回 第7回 窃盗罪から考える刑事訴訟
第8回 第8回 無戸籍問題
第9回 -
第10回 -
第11回 -
第12回 -
第13回 -
第14回 -
第15回 -
授業外学習の課題 必要に応じ予習のための資料を配布しますので、それを読んで分からない点や理解できない点をチェックしておいてください。そのうえで、講師の先生への質問事項も考えて授業に臨んでください。
履修上の注意事項 (1)本講義は、1年次生の履修登録指定科目です。授業の内容も専ら1年次生を対象としています。
(2)市販の六法を必ず持参してください。
成績評価の方法・基準 【受講態度】(30%)、【授業時課題】ミニッツペーパー、課題レポート(70%)を総合的に判断します。受講態度の評価には、授業時の口頭での質問やミニッツペーパーの記載内容が考慮されます。欠席した場合はその回の授業時課題の評価を受けられません。
テキスト 市販のテキストは使用しません。資料を配付します。
六法を必ず持参してください。
参考文献
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に対応します。また、学期初めおよび学期末にオフィスアワーを設けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(法律基礎) 2011~2016 1・2・3・4
法学部法律学科(法律基礎) FLLA10107 2017~2017 1・2・3・4