授業コード 30056400 クラス
科目名 法律基礎A(法律英語に親しむ) 単位数 1
担当者 田邉 真敏 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 法律英語に親しむ Getting Familiar with Legal English
授業の概要 ・英字新聞の社説が読めるようになりたい、外国法や国際法を深く研究したい、英語で契約交渉ができる国際的企業人になりたいという目標や希望に向かって一歩踏み出したい人に向けた講義です。
・法律的なテーマを扱った英語に、読む、書く、聞く、話すの4要素にわたって取り組みます。なお、履修者の英語力レベルに応じて授業計画の調整を行うことがあります。
学習の到達目標 法律英語を、読む、書く、聞く、話すための基礎を身につける。
授業計画 第1回 講義ガイダンス(法律基礎A(リーガル・リテラシー)、法律基礎A(アメリカを知るデータベース)と合同)
第2回 文法で学ぶ法律英語
第3回 法律文書を読む
第4回 法律英語を書く
第5回 法律英語を聞く
第6回 リーガル・トピック英会話
第7回 英語による模擬法律相談
第8回 まとめ演習問題
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
授業外学習の課題 毎回宿題が課されます。授業外学習に自ら取り組む姿勢が求められます。最終回授業でまとめ演習問題を実施します。
履修上の注意事項 ・第1回授業は、法律基礎A(リーガル・リテラシー)、法律基礎A(アメリカを知るデータベース)との合同になりますので、教室等を掲示で確認してください。
・人数制限があります。予備登録対象科目のため第1回授業に必ず出席してください。予備登録を行った者は履修辞退できません。
・英語科目履修等の前提条件は設けませんが、この科目の履修者は、英語をもっと学びたいという意欲を持っていることが求められます。
成績評価の方法・基準 授業時および自宅学習課題60%、まとめ演習問題40%の割合で評価します。
テキスト 授業時に必要なプリントを配布します。
英和辞典(電子辞書可)を持参してください。スマートフォンの辞書アプリの使用は認めません。
参考文献 授業時に紹介します。
主な関連科目 法律基礎A(アメリカを知るデータベース)、外国法、比較法、国際法、国際取引法、国際私法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に受け付けることを基本とします。またそれ以外にもアポイントにより対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(法律基礎) 2007~2016 1・2・3・4
法学部法律学科(法律基礎) FLLA10106 2017~2017 1・2・3・4