授業コード 30055800 クラス
科目名 現代犯罪論 単位数 2
担当者 植田 博 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 刑法総論及び犯罪各論に関する事例研究
授業の概要 刑法総論及び刑法各論の重要論点について、事例を踏まえて講義を行う。事例については基礎的な問題から応用・発展的な問題を取り扱う。
学習の到達目標 受講生が、刑法総論と刑法各論の重要問題について、基礎的な概念を理解した上で、事例に則して解釈論を展開できる学力を養成することを目標とする。
授業計画 第1回 因果関係論
第2回 不作為犯論
第3回 正当防衛論(1)
第4回 正当防衛論(2)
第5回 緊急避難論
第6回 錯誤論(1)
第7回 錯誤論(2)
第8回 未遂犯論
第9回 共犯論(1)
第10回 共犯論(2)
第11回 財産犯論(1) 窃盗罪・強盗罪
第12回 財産犯論(2) 詐欺罪
第13回 財産犯論(3) 横領罪
第14回 財産犯論(4) 背任罪
第15回 財産犯論(5) 恐喝罪・盗品等の罪
授業外学習の課題 毎回のテーマに関して教科書の該当部分を事前に読了すると共に、配布された事例について、自分の力で法律構成をして、授業を受けることが望ましい。
履修上の注意事項 受講生は、すでに刑法総論及び刑法各論を履修しているか、今学期に刑法各論を履修していること。この講義は、法律文書の作成ができることを到達目標にしているので、かなりハードな授業内容となります。
成績評価の方法・基準 定期試験(論述式問題)で評価する。
テキスト 事例を事前に配布する。
刑法総論及び刑法各論で使用したテキストを使用して下さい。
参考文献
主な関連科目 刑法総論、刑法各論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後質問してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(刑事法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(刑事法) FLLA20403 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2011~2016 3・4