授業コード 30053400 クラス
科目名 法律基礎B(現代社会と税) 単位数 2
担当者 奥谷 健 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 現代社会と税
授業の概要 現代社会における税制を取り巻く問題について紹介していきます。現代社会において税制が果たしている役割とその問題について考えてもらうようにします。

この講義は中国税理士会による寄附講座です。中国税理士会より講師を派遣していただき、実務的観点からそれぞれのテーマについてお話をいただきます。
学習の到達目標 税制の基本を理解する。
税を法的観点から捉えられる。
税に関する問題について理解する。
税に関する問題について考えられるようになる。
授業計画 第1回 1.現代社会における税理士の使命と役割(税理士の仕事の概要を含む)
 税制と税理士の使命についての概説。
第2回 2.我が国の租税制度
 税制全体を概観。
第3回 3.税務調査と租税救済制度(異議申立・審査請求)
 税務行政の手続き、制度を概説。
第4回 4.所得税法(所得税の基礎・譲渡所得の概要)
 所得税の仕組みを概説。
第5回 5.所得税法(所得税の年末調整と確定申告)
 所得税の計算構造を概説。
第6回 6.源泉徴収制度
 源泉徴収制度を概説し、その問題点を解説。
第7回 7.法人税法(法人税の基礎・会計と税務の相違)
 法人税の仕組みを概説。
第8回 8.法人税法(中小企業と法人税・事業承継)
 中小企業を取り巻く状況と法人税の関係について解説。
第9回 9.消費税法(消費税の基礎)
 消費税の仕組みとその問題点を説明。
第10回 10.相続税法(相続税の基礎)
 相続税の仕組みを概説。
第11回 11.相続税法(相続税の応用・贈与税の基礎)
 相続税の計算構造、贈与税の仕組みを概説。
第12回 12.国税(その他の国税)と地方税(固定資産税・登録免許税・住民税)
 その他の国税、地方税の概説。
第13回 13.税務行政(国税庁の仕組み・調査の現状)
 税務行政の在り方についての講演。
第14回 14.国税不服審判所の仕組み
 国税不服審判所の在り方についのて講演。
第15回 15.全体のまとめ(ライフプランニングと税務)
 税を中心としたライフプランニングについての説明。
授業外学習の課題 シラバスに基づいて進めますので、毎回のテーマに関する問題を中心に、税制に関する新書や新聞などの報道を見るようにして、予習をしてくること。
履修上の注意事項 受講生の履修について100名を上限とします。100名を超える場合には、第1回目の講義の際に抽選を行いますので、かならず第1回目の講義に参加すること。
税制に関する新書や新聞などの報道にも注意を払うようにしてください。
成績評価の方法・基準 毎回の授業の終了時に感想(30%)
期末試験(70%)
テキスト 特に指定しません。必要な資料をその都度配布します。
参考文献 特にありません。第1回目の授業で必携の冊子を配布する予定です。
主な関連科目 税法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義後に担当講師が、または、メールで奥谷が対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(法律基礎) 2007~2016 1・2・3・4
法学部法律学科(法律基礎) FLLA10125 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 2・3・4