授業コード 30053300 クラス
科目名 特別講義A(法律専門職の実務と法) 単位数 2
担当者 末廣 浩一郎 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 法律専門職の実務と法
授業の概要  本講義では、①不動産取引②企業法務③相続をテーマに、実体法の実務的運用の実例を交えて検討を加えます。
 実務を実感できるよう、イメージのもちやすい実例を用います。時に企業法務においては、企業の中でも取り上げる実例は我国において大多数を占める小規模な会社を想定したものとします。
 テキストは定めませんが、民法(物権、契約、親族、相続)、会社法等に関する基礎的学力を備えて講義に臨むと更に学習効果が期待できます。
学習の到達目標 不動産取引・企業法務・相続に関する実務と法の関わりを理解できる。
授業計画 第1回 第1回 不動産取引総論
第2回 第2回 不動産取引に関する法的規制
第3回 第3回 不動産取引の客体について(1)
第4回 第4回 不動産取引の客体について(2:区分所有建物等)
第5回 第5回 不動産取引の安全の確保
第6回 第6回 企業法務総論
第7回 第7回 法人の設立
第8回 第8回 法人の運営(株主総会・取締役会・決算等)
第9回 第9回 法人の合併・分割・解散等(1)
第10回 第10回 法人の合併・分割・解散等(2)
第11回 第11回 相続に関する問題総論
第12回 第12回 相続紛争予防(1)
第13回 第13回 相続紛争予防(1)
第14回 第14回 遺産分割
第15回 第15回 まとめ
授業外学習の課題 特に定めません。
履修上の注意事項 講義ノートの作成を行うことが望ましいです。
復習は、講義の内容を民法・会社法等の参考書等で各自確認してください。
成績評価の方法・基準 受講態度30%、期末試験70%を目安に、総合的に評価します。
テキスト 特に定めません。
参考文献
主な関連科目 民法、会社法など
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は講義の最後、あるいは次回冒頭にしてください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(発展科目) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(発展科目) FLLA30915 2017~2017 2・3・4