授業コード 30047100 クラス
科目名 特別講義A(明治の法と裁判) 単位数 2
担当者 矢野 達雄 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 明治の法と裁判
授業の概要 明治は西洋文明を取り入れて近代化してゆく時代であるが、まだ社会の根底には江戸時代のさまざまなシステムが色濃く残っていた。法や裁判の側面においても例外ではない。先覚者の努力によって、西欧の近代的な法や裁判の移築が図られるが、一朝一夕には進まず、初期には江戸時代さながらの法や裁判が行われていたのである。
このような明治期における法や裁判のあり方をふり返ることによって、法の近代化がいかなる過程をたどって達成されたかを学んでいこう。このような作業は、同時に、現代の法や裁判に関する問題を考察する手がかりとなるであろう。
学習の到達目標 1.明治期の法制度や裁判制度の歴史について、基礎的知識を有する。
2.裁判史上著名な事件について、司法処理過程上の問題点を指摘できる。
3.日本の司法・裁判制度について、近代化された部分と、未達成の部分を指摘することができる。
授業計画 第1回 (1)はじめに
第2回 (2)前史としての江戸―江戸の法と裁判
第3回 (3)江藤新平の法改革
第4回 (4)ボアソナードと裁判制度
第5回 (5)府県で裁判をしていた時代―聴訟課の裁判
第6回 (6)明治の罪と罰―律型刑法から近代刑法へ
第7回 (7)福沢諭吉と井上毅―啓蒙法学と官僚法学
第8回 (8)代言人から弁護士へ
第9回 (9)自由民権運動と裁判
第10回 (10)裁判所構成法の施行
第11回 (11)「司法権の独立」をめぐる闘い―大津事件と児島惟謙
第12回 (12)足尾鉱毒事件―田中正造の闘い
第13回 (13)大逆事件―「冬の時代」を招いたフレーム・アップ
第14回 (14)大正デモクラシーと司法―陪審法の成立
第15回 (15)今期のまとめ
授業外学習の課題 事前に教科書を読んで、授業に臨んでもらいたい。さらに受講後読み直すことも重要である。
日頃から歴史に親しむことが大切である。そのためには、教科書だけでなく歴史小説やドラマ・映画なども有効である。歴史における法や法学の果たした役割や機能という点では、建前にとらわれずリアルに観察する態度が重要である。
履修上の注意事項 定期試験に際して、かつて「自筆ノート」の持ち込みを許したこともあったが、いろいろと弊害がめだつようになったので、近年持ち込みは不可としている。
成績評価の方法・基準 定期試験の成績を中心に評価するが、時折「課題」を出しリプライを求める。定期試験において60点を下回る者については、「課題」の評価を20%を超えない範囲で加味することがある。
テキスト 特定の教科書は指定せず、授業中にプリントや資料を配布する。
参考文献 新井勉ほか『ブリッジブック近代日本司法制度史』信山社
夏樹静子『裁判百年史ものがたり』(文芸春秋)
森長英三郎『新編史談裁判』1~4(日本評論社)
我妻栄編集『日本政治裁判史録』1~5(第一法規)
川島四郎『日本人と裁判』(法律文化社)
主な関連科目 日本法制史
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
簡単な質問であれば、授業終了時に対応する。そのほか、研究室で随時対応する。ただし、かならず事前に連絡し、アポイントメントをとっていただきたい(内線2681)。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(発展科目) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(発展科目) FLLA30914 2017~2017 2・3・4