授業コード 30039000 クラス
科目名 特別講義B(法律実務文書) 単位数 2
担当者 岡村 正文 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 法律実務文書の理解
授業の概要 契約書・公正証書・家事事件申立書・訴状などの法律文書や金融機関で使用する文書(金融文書)の理解を目的に、司法書士(岡村正文,田川昭夫,泉哲哉,永田康光,高尾昌二,竹岡龍太郎,瀬戸将典)及び金融の専門家(吉井浩之)が担当して,その実務経験を活かし講義する。
学習の到達目標 契約書・公正証書・家事事件申立書・訴状などの法律実務文書が理解できるようになる。
与えられた条件のもとで簡単な契約文書が書けるようになる。
司法書士・行政書士等の専門分野や銀行・不動産業務の分野はもちろんのこと、社会のあらゆる分野で必要とされる「多様な選択肢を考える能力」を養うことを目的とする。
授業計画 第1回 ①総論(岡村)
第2回 ②消費貸借(瀬戸)
第3回 ③借地・借家の契約(泉)
第4回 ④公正証書(田川)
第5回 ⑤不動産取引・第1回レポート(岡村)
第6回 ⑥不動産登記(竹岡)
第7回 ⑦会社と登記(高尾)
第8回 ⑧渉外取引(岡村)
第9回 ⑨多重債務(永田)
第10回 ⑩訴訟・執行・第2回レポート(岡村)
第11回 ⑪金融文書Ⅰ(吉井)
第12回 ⑫金融文書Ⅱ(吉井)
第13回 ⑬家事事件(泉)
第14回 ⑭簡裁取扱事案(岡村)
第15回 ⑮ADRと民事調停・第3回レポート(岡村)
授業外学習の課題 授業で興味を持った論点について、授業後に自分で調べた事項及び自分の見解(意見、感想)をレポートできるよう準備しておいてください。
履修上の注意事項 授業レポートは、講義5回ごとに一つの講義を選択し、興味を持った論点についてのレポートを提出してもらいます(レポート3回)。一部の授業では、グループワーク(集団作業)を行います。受講者数は20名を限度とします。最初の授業(第1講)で、受講希望者が20名を超えた場合には、教員が用意した受講理由書に、受講の理由(動機)を記載し、授業終了時に提出してもらいます。受講者は、受講理由書により選抜し、第1講の授業の翌日に、掲示して発表します。なお、講義内容は変更することがあります。遅刻、授業中の私語・睡眠・無許可退席等は、授業の進行の妨げや他の受講者の迷惑となりますので、謹んでください。
成績評価の方法・基準 授業への取組姿勢(グループワーク等での課題への取組姿勢や受講態度を含む。)70%、レポート(3回)30%により評価します。
テキスト 資料は授業で配布します。
テキストは特にありません。
参考文献 特にありません。
主な関連科目 民法(財産法全般),親族法,相続法,会社法,有価証券(手形法・小切手法),企業取引法(商法総則・商行為法),労働法,特別講義A(銀行法と実務,法律専門職の実務と法,ADR・裁判外紛争処理)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中または授業終了後に質問又は相談してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(発展科目) 2007~2016 3・4
法学部法律学科(発展科目) FLLA30922 2017~2017 3・4