授業コード 30037908 クラス 08
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 中林 啓一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際私法・国際家族法研究
授業の概要  国際私法および国際家族法に関する判例や演習書をもちいてディベートやスピーチの練習などをしますが、授業の内容を補うため適宜視聴覚教材の鑑賞などもおこないます。
学習の到達目標 現実に生じている事案の問題点を把握・理解し、その解決方法を自分のことばで明確に説明できる能力を身につけていくことを目標とする。
授業計画 第1回 演習(1)-ガイダンス
第2回 演習(2)-スピーチ演習の方法について
第3回 演習(3)-スピーチ演習(1)
第4回 演習(4)-スピーチ演習(2)
第5回 演習(5)-スピーチ演習(3)
第6回 演習(6)-スピーチ演習のまとめ
第7回 演習(7)-ディベート演習の方法について
第8回 演習(8)-ディベート演習(1)
第9回 演習(9)-ディベート演習(2)
第10回 演習(10)-ディベート演習(3)
第11回 演習(11)-ディベート演習のまとめ
第12回 演習(12)-プレゼンテーションの方法について
第13回 演習(13)-プレゼンテーション演習(1)
第14回 演習(14)-プレゼンテーション演習(2)
第15回 演習(15)-まとめ
授業外学習の課題 授業中に指示する課題などに積極的に取り組んで下さい。
履修上の注意事項 平素のゼミ活動の時間を大切にしてください。
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 平常の受講態度(100点)により評価する。レポートや授業中に課題を課すことがある。
テキスト 指定しない。
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 国際私法、国際取引法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業時または第2研究棟にて対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(演習) 2007~2016 3・4
法学部法律学科(演習) FLLA20804 2017~2017 3・4