授業コード 30037822 クラス 22
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 古川 朋子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 会社法上の組織再編に関する事例・ルールを検討する
授業の概要 近年会社の組織再編が盛んになり、会社法および2014(平成26)年会社法改正で、続々と蓄積されつつある事例に対する対策が講じられている。

企業の組織再編に係る制度の理解、具体的な事案の検討を中心に、受講者の報告を交えて理解を深める予定である。

内容は、受講者の希望により変更することもある。
学習の到達目標 企業再編に係る基本的な制度を、具体的な事案を踏まえて理解すること。また、これを報告することができること。
授業計画 第1回 企業の買収・結合・再編の意義と方法
第2回 友好的買収と敵対的買収
第3回 株式の取得による買収‐公開買付け
第4回 東京高決平成17年3月23日判示1899号56頁【百選98事件】
第5回 東京地決平成16年6月1日判時1873号159頁【百選24事件】
第6回 MBO
第7回 第三者割当増資
第8回 キャッシュ・アウト
第9回 キャッシュ・アウトにおける少数株主の保護
第10回 キャッシュ・アウトにおける取締役の責任
第11回 組織再編‐合併
第12回 会社分割
第13回 株式交換
第14回 株式移転
第15回 利害関係者間における組織再編の問題
授業外学習の課題 理解が容易とはいえない内容を扱う予定なので、自分で文献等を積極的に勉強することが求められる。
履修上の注意事項 民法、会社法を履修済み、または履修している方の受講が望ましい。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 クラスでの報告、発言を評価の対象とします。
テキスト
参考文献
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業後に受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(演習) 2007~2016 3・4
法学部法律学科(演習) FLLA20803 2017~2017 3・4