授業コード 30037810 クラス 10
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 田邉 真敏 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 会社法の実践的法研究
授業の概要 会社法の授業で学んだ理論的基礎を踏まえて、会社法が実際の企業活動でどのように機能しているかを調査し、実践的に学ぶ。上場会社の開示資料、新聞記事、論文資料などを用いて、会社法のルールがどのように運用されているかを調べる。一つのテーマをめぐってディベート形式での討論も行う。またゼミ生自らの企画で、企業見学などの実地調査を行うことも想定される。
学習の到達目標 会社法のルールが実際にどのように運用されているかを、具体的な事例を通して理解し、分かりやすく説明することができるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 会社法総論(1)
第3回 会社法総論(2)
第4回 株式(1)
第5回 株式(2)
第6回 株式(3)
第7回 株主総会(1)
第8回 株主総会(2)
第9回 取締役・取締役会(1)
第10回 取締役・取締役会(2)
第11回 取締役・取締役会(3)
第12回 監査役・会計監査人
第13回 役員等の義務と責任(1)
第14回 役員等の義務と責任(2)
第15回 まとめとゼミナールIIへの展望
授業外学習の課題 報告担当者は、必要な文献を読み込んで、十分な下調べをすることが求められる。
その他の受講者は、授業時に積極的に発言することが求められる。
履修上の注意事項 ・欠席しないこと。
・授業中の議論に積極的に参加すること。
・アルバイト等を理由に授業外の小グループ活動等を他人任せにしないこと。
・ゼミの企画運営の役割を積極的に引き受けること。
・日経新聞を定期的に読むこと。
なお、この科目はPBL型授業である。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 報告内容(60%)、討論・企画運営への貢献度合い(40%)を総合評価する。
テキスト 落合誠一編『会社法 Visual Materials』(有斐閣)
その他必要な文献については、授業時に指示する。
参考文献 神田秀樹『会社法入門 新版』(岩波新書)
浜田道代・岩原紳作編『会社法の争点』(有斐閣)
中東正文ほか『会社法(有斐閣ストゥディア)』(有斐閣)
田中亘『会社法』(東京大学出版会)
その他については、授業時に紹介する。
主な関連科目 会社法、M&A法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業後およびオフィスアワーにおいて対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(演習) 2007~2016 3・4
法学部法律学科(演習) FLLA20803 2017~2017 3・4