授業コード 30032600 クラス
科目名 インターンシップ(中国新聞社) 単位数 2
担当者 広本 政幸 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 新聞社におけるインターンシップ
授業の概要 新聞社の役割と機能について編集、営業の両面で実習を行います。
編集は取材、編集現場での実習を中心にして「記者の仕事」を学びます。
記者がニュースをいかに掘り起こし、取材し、記事化していくかを理解します。
営業は広告や販売、NIE、ちゅーピーくらぶ(中国新聞読者を中心とした会員組織)など「営業の仕事」を学びます。
取材のみならず、営業、企画や配達まで新聞社活動の全過程を把握することを目的とします。
学習の到達目標 記者の取材・報道活動が厳しい修練によって初めて可能になることを理解し、新聞社の仕事が多角的であることを理解できるようになるというのが到達目標です。
授業計画 第1回 オリエンテーション
*期日など詳細は掲示板で確認すること。
第2回 事前講義:新聞社でのインターンシップについて(1)
第3回 事前講義:新聞社でのインターンシップについて(2)
第4回 事前講義:マナー講座
第5回 実習:新聞社の概要、編集局の仕事、
第6回 実習:取材、記事の執筆と講評、
第7回 実習:ちゅーピーパーク見学、営業の仕事
第8回 実習:広告局見学
第9回 実習:総括、求める人材とは
第10回 実習後総括(1)
第11回 実習後総括(2)
第12回 実習の成果についてのレポート作成(1)
第13回 実習の成果についてのレポート作成(2)
第14回 実習成果の発表
第15回 まとめ
授業外学習の課題 新聞記事を毎日読み、インターンシップで与えられる課題に的確に対応できるよう準備をしておいてください。
履修上の注意事項 教学センターの掲示による連絡がありますので、掲示を確認するようにしてください。
実習には、予定どおり出席し、遅刻しないよう、注意してください。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 中国新聞担当者の評価 50%
実習前後の講義と実習レポート 50%
テキスト 使用しません。
参考文献 中国新聞
主な関連科目 総合教養講義b(マスコミ論)、国際ジャーナリズム論、特殊講義E(メディアと社会)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時、担当教員に連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(G群) 2007~2016 2・3・4