授業コード 30032200 クラス
科目名 政治学概論 単位数 2
担当者 矢野 秀徳 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 政治学の基礎的な概念や理論を、具体的な事例に即して講義する。
授業の概要 政治学の基礎的な概念や理論を講義する。
抽象的概念と具体的事例とを関連付けながら講義する。
学習の到達目標 政治学に関する基礎的な概念や理論を理解できるようになる。
授業計画 第1回 イントロダクション:政治学とは何か、政治学を学ぶ意味
第2回 国家と社会①:国民国家以前の国家
第3回 国家と社会②:国民国家とポスト国民国家
第4回 ナショナリズム
第5回 イデオロギー
第6回 福祉国家
第7回 民主主義①:民主主義の理念と形態
第8回 民主主義②:民主化と政治発展
第9回 福祉国家
第10回 選挙と議会
第11回 政党と利益集団
第12回 社会運動と政治
第13回 ニュー・ポリティクス
第14回 若者と政治
第15回 全体のまとめ
授業外学習の課題 講義時に紹介する参考文献を最低1冊は読むこと。
講義時に出す課題を行うこと。
日頃から新聞の政治面・国際面には目を通しておくこと。
履修上の注意事項 政治(学)に限らず、国際的な問題や社会的な現象に関心を持つ学生の受講を希望する。
可能な限り、受講者との議論を交えながら講義を進めたいと考えている。質問や発言は歓迎するので、積極的に参加してほしい。
なお、私語や雑談は厳禁。退場や定期試験の受験資格剥奪を含めた厳しい態度で臨むので注意すること。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 記述式試験(100点満点)によって評価する。
私語や雑談は厳禁(退場や定期試験の受験資格剥奪を含めた厳しい態度で臨むので注意すること)。
テキスト 教員が配布するレジュメを使用する。
参考文献 講義時に適宜紹介する。
主な関連科目 政治学、国際関係史Ⅰ・Ⅱ、現代政治、国際政治学、政治思想史、行政学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義中・後、それ以外でも随時対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部教育学科(教職専門科目群) 2016~2016 2・3・4
法学部法律学科 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科 FLIP20501 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 2・3・4