授業コード 30029900 クラス
科目名 特別講義B(ADR:裁判外紛争処理) 単位数 2
担当者 岡村 正文 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 裁判外紛争解決(ADR)
授業の概要  社会で紛争が発生する原因と紛争解決のために人が合意を形成するメカニズムを考えるとともに、裁判以外での紛争解決方法、特に、第三者が介入して当事者の自主交渉を援助する調停の社会的機能を考えます。講師は、対話調停(Mediation)研究者兼調停技法トレーナーの岡村正文(司法書士)が担当します。
学習の到達目標  社会で体験する紛争やもめごとに、当事者や第三者として対応できる能力が身につくことになると思います。
授業計画 第1回 第1講 ADR概論
第2回 第2講 交渉
第3回 第3講 当事者の気持ち
第4回 第4講 聴く
第5回 第5講 聴くためのトレーニング
第6回 第6講 聴くとは(1)
第7回 第7講 聴くとは(2)
第8回 第8講 技法を使ってみる
第9回 第9講 調停の段階(1)
第10回 第10講 調停の段階(2)
第11回 第11講 調停の段階(3)
第12回 第12講 調停の段階(4)
第13回 第13講 調停ロールプレイ(1)
第14回 第14講 調停ロールプレイ(2)
第15回 第15講 調停ロールプレイ(3)
授業外学習の課題 人と人との間に、「もめごと(紛争)」がなぜ発生するのか、その「もめごと(紛争)」を、人はどのようにして解決(合意を形成)していくのか、ということについて、法律科目以外の分野にも視野を広げて探究していくようにしてください。
履修上の注意事項  社会心理学、カウンセリング、コーチング、異文化コミュニケーション、ゲーム理論、民俗学、脳神経科学、法社会学、法哲学等の諸科学の知見を応用した調停技法トレーニングのプログラムを実施します。グループワーク(集団作業)主体の授業形態ですので、一定の教育効果を確保するため、受講者数は、20名を限度とします。受講希望者には、最初の授業(第1講)時間内で、教員が用意した受講理由書に、受講の理由(動機)を記載し、授業終了時に提出してもらいます。受講希望者が20名を超えた場合には、受講理由書により選抜し、第1講の授業の翌日に、掲示して発表します。また、講義内容は変更することがあります。
 グループワーク(集団作業)を中心に行いますので、出席を心がけてください。 遅刻、授業中の私語・睡眠・無許可退席等は、グループ内のメンバーや他の受講者の迷惑となりますので、謹んでください。
成績評価の方法・基準  授業への取り組み(グループワーク等での課題への取組姿勢や受講態度を含む。)70%、2回のレポート30%により評価します。
テキスト  講義毎にレジュメを配布します。
参考文献 司法書士ADR実践の手引(日本司法書士会連合会ADR対策部/新日本法規)
ADR理論と実践(和田仁孝/有斐閣)
コンフリクト・マネジメント入門(鈴木有香/自由国民社)
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は、授業中(随時)及び授業外(授業終了後、メール、電話等)で受け付けます。
相談は、授業外(授業終了後、メール、電話等)で受け付けます。
講義レジュメに、メールアドレスと電話番号を記載してあります。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(発展科目) 2007~2016 3・4
法学部法律学科(発展科目) FLLA30923 2017~2017 3・4