授業コード 30028100 クラス
科目名 労働法 単位数 2
担当者 矢部 恒夫 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 労働法
授業の概要 労働法のポイントとなる項目について、概観から、より深く、より広く、他の項目との関係にも留意しながら説明します。

授業は、おおよそテキストの目次にしたがい進行します。

近年、労働法の分野では法改正が続いています。それらの動向もできる限り、授業内容に反映させます。

テキストのうち授業外で参照すべき部分および参考文献は、必要に応じて、授業中に指示します。
学習の到達目標 労働法に関する全体的な理解を目指します。
授業計画 第1回 労働法の概観
第2回 労働者・使用者・労働組合
第3回 労働契約(1)労働市場・労働契約の締結
第4回 労働契約(2)就業規則・労働協約との関係
第5回 労働契約(3)労働憲章ほかの基本原則
第6回 労働条件(1)賃金
第7回 労働条件(2)労働時間
第8回 労働条件(3)安全衛生・労働災害
第9回 労働契約(労働条件)の変更
第10回 労働契約の終了
第11回 懲戒
第12回 労働組合・団体交渉
第13回 不当労働行為
第14回 争議行為
第15回 労使紛争解決手続
授業外学習の課題 授業に必要な判例・文献等を指示し、その熟読を求めます。
履修上の注意事項 授業中に指示するテキストの該当部分をノートに補足し、必要に応じて、参考文献を参照してください。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 学期末(前期)の筆記試験により評価します。
テキスト 中窪・野田『労働法の世界(第12版)』有斐閣
参考文献 有斐閣の『労働法の争点3版』荒木『労働法3版』水町『労働法6版』『リーガル・クエスト労働法2版』『ベーシック労働法6版』『ストゥディオ労働法2版』、法律文化社の『労働法Ⅰ・Ⅱ2版』、弘文堂の菅野『労働法11版』土田『労働法概説3版』森戸『プレップ労働法5版』、日本評論社の西谷『労働法2版』ほか。
主な関連科目 法律基礎A(労働と法)、総合教養講義b(労働問題と法)、特別講義A(労働法をめぐる諸問題)、ゼミナールⅠ・Ⅱ、基礎演習(後期、矢部担当)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後に受け付けることを基本とし、必要に応じて、別の日程を調整します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(企業法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(企業法) FLLA20605 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 3・4