授業コード 30027800 クラス
科目名 家族法 単位数 2
担当者 大久保 憲章 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 家族の法―夫婦、親子の法
授業の概要 家族法(親族法および相続法)のうち、主に親族法(民法典第4編)の領域を扱います。
学習の到達目標 家族法について基本的な知識を習得すること。家族法の抱える現代的課題を理解し、考察する力を身に付けること。具体的な問題について、条文を参照し、判例を踏まえて合理的な解決を考えることができるようになること。
授業計画 第1回 1.家族法序説―家族法の歴史・特徴など
第2回 2.親族の種類と範囲、戸籍
第3回 3.婚姻制度の概要、婚姻の成立
第4回 4.夫婦の財産関係
第5回 5.離婚制度の概要、離婚の成立
第6回 6.離婚から生ずる法的問題①子の監護など
第7回 7.離婚から生ずる法的問題②財産分与
第8回 8.内縁をめぐる民法上の問題
第9回 9.中間試験
第10回 10.実親子①親子関係の分類、嫡出推定、認知
第11回 11.実親子②親子関係存在確認の訴え
第12回 12.養親子
第13回 13.親権
第14回 14.未成年後見と成年後見制度
第15回 15.相続法入門
授業外学習の課題 教科書を事前に読んで、問題の全体像を把握しておくと、より効果的に授業を受けることができます。授業で取り上げた問題を深めて考えるための手がかりとなる文献を適宜紹介し、授業外にも学び続けるきっかけを作るようにします。
履修上の注意事項 六法と教科書を必ず持参しよう。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 中間試験(30点)、期末試験(70点)の合算点よって評価します。
テキスト 高橋朋子・床谷文雄・棚村政行著『民法7親族・相続(第4版)』(有斐閣)2400円+税
参考文献 民法判例百選Ⅲ親族・相続(有斐閣、2015年)。その他授業中に適宜紹介します。
主な関連科目 家族と法、相続法。その他、民法総則をはじめとする民法科目一般。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回の授業終了時に直接申し出ること。その場で必要に応じて説明の日時・場所等を設定する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(民事法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(民事法) FLLA20506 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 2・3・4