授業コード 30027600 クラス
科目名 債権総論 単位数 2
担当者 大久保 憲章 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 民法・債権総論に関する諸問題の検討
授業の概要 本講義では、民法典第三編債権の総則(民法399条以下・講学上「債権総論」とよばれる)を検討対象とする。民法は、債権編各則(諸学上「債権各論」とよばれる)において「契約」、「事務管理」、「不当利得」、「不法行為」といった債権の発生原因別にその性質について規定しているが、それに対して債権総則では、債権一般に共通する性質について規定している。一般的に、総則に置かれている諸規定はより抽象的で理解の難しい領域であるといわれている。しかしながら、債権総則の学習は、債権法に共通した諸規定を一望することによって債権法領域のよりトータルな理解を得る好機でもある。本講義では、契約以下の各則諸規定との連関に留意し、抽象度の高い債権総則の諸規定を具体的に解きほぐすことによって、より明快な全体像の提示を試みたい。また講義では、民法(債権関係)の改正について特に留意し、その内容紹介および重要論点の検討を心掛けたい。なお、特にいわゆる人的担保に関する分野については、主に「金融取引法」において扱われる。
学習の到達目標 この講義の対象分野に関する基本的な理解の獲得を目標とする。
1.社会に生起する債権総論に関連する諸問題について、民法上の規定や論点と関連づけて理解できるようになる。
2.日常生活に関わる債権総論上の具体的課題について、民法上の規定や論点をふまえて対処できるようになる。
3.当該分野のより高度な学習・研究活動にとって必要となる基本的理解や思考力を獲得する。
授業計画 第1回 第1回 導入・債権総論の講義対象について
第2回 第2回 債権の目的(債権の種類と性質・利息の制限)
第3回 第3回 債権の効力・強制履行
第4回 第4回 債務不履行①意義・要件・効果
第5回 第5回 債務不履行②損害賠償の範囲
第6回 第6回 債務不履行③損害賠償の内容・損害賠償の調整・受領遅滞
第7回 第7回 債権の効力・中間まとめ
第8回 第8回 責任財産の保全・債権者代位権①意義・要件・効果
第9回 第9回 債権者代位権②債権者代位権の転用
第10回 第10回 詐害行為取消権①意義・法的性質
第11回 第11回 詐害行為取消権②要件・効果
第12回 第12回 債権関係の移転・債権譲渡①意義と機能・要件
第13回 第13回 債権譲渡②指名債権譲渡の対抗要件
第14回 第14回 債権の消滅・弁済(第三者弁済・弁済による代位・債権準占有者への弁済)
第15回 第15回 相殺(意義・機能・相殺と差押)
授業外学習の課題 1.毎回の講義の前に、あらかじめ配布された講義レジュメを読んで、その日の講義で扱われる内容を確認しておくこと。これをおこなうだけでも、全く何の準備もなしに講義を受けることに比べれば、講義内容の理解は格段に向上する。
2.さらに時間があれば、講義で扱われる内容に対応する教科書該当部分を読んで、内容について理解を深めておくこと。
3.もっと時間があれば、レジュメや教科書を参考に、ノートを作成すること。その過程で当然生ずる疑問点についてもまとめておくとよい。
4.講義終了後は、講義中にとったメモや他の文献資料なども参照して、講義内容をノートに反映・整理すること。この作業と同時に上述1.の課題にとりくんで、次回の講義内容を関連づけて整理しておくとよい。
5.課題処理にかかる時間の目安は、1.のみなら最低数分程度、全てを充実させるなら、数時間程度は必要と思われる。
履修上の注意事項 上述のような予習・復習をおこなうこと。毎回出席すること。講義中は他の受講者の迷惑となる行為は慎むこと。六法・判例集を持参すること。できる限り他の民法講義も履修すること(特に「金融取引法」とセットで履修することが望ましい)。
成績評価の方法・基準 講義期間中に実施する中間試験および定期試験の成績をもって評価する(中間試験30点満点・定期試験70点満点として評価)。
テキスト 野村豊弘・栗田哲男・池田真朗・永田眞三郞著『民法Ⅲ・債権総論・第3版補訂』(有斐閣)1700円+税
六法
参考文献
主な関連科目 民事法の全科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回の授業終了時に直接申し出ること。その場で必要に応じて説明の日時・場所等を設定する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(民事法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(民事法) FLLA20504 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 2・3・4