授業コード 30027400 クラス
科目名 物権法 単位数 2
担当者 鄭 芙蓉 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 物権法 Property Law
授業の概要 本授業は、民事法分野の主専攻科目です。民法典は、財産に関する総則・物権・債権の3編と、家族に関する親族・相続の2編に大別できます。本授業は、民法典の第2編物権法を学修します。授業では、毎回レジュメを配布し、具体的な事例の検討を通じて、物権法に置かれた諸制度及びその基礎にある考え方を解説します。また、物権法を理解する上で必要不可欠な法制度である不動産登記法、借地借家法、建物区分所有法についても解説します。条文数が少ないが、論点が多いというのは物権法の特徴です。この点については、授業では、パワーポイントを使い、問題の所在・見解の分かれ目となる分岐点を図表で示して、分かりやすく解説することを心掛けます。
学習の到達目標 物権法の特有の制度と考え方の習得、法的思考の養成を目標とします。
授業計画 第1回 ガイダンス・物権法概説・物権の客体
第2回 物権の効力
第3回 物権変動の原因と時期
第4回 不動産物権変動の公示と公信
第5回 民法177条の第三者
第6回 登記を要する物権変動(1)
第7回 登記を要する物権変動(2)
第8回 登記を要する物権変動(3)
第9回 動産物権変動の公示と公信
第10回 所有権の内容と取得原因
第11回 共同所有
第12回 建物区分所有
第13回 用益物権
第14回 占有
第15回 まとめ
授業外学習の課題 授業前に教科書・参考書の該当箇所を事前に予習し、授業後にレジュメや自分のノートを使って復習することは望ましいです。余裕があれば、授業中に紹介した文献、判例を読むのが更に良いです。
履修上の注意事項 ・座席を指定します。
・講義の前に講義室にて当日のレジュメを配布します。
・受講の際には、毎回必ず六法を持参してください。
・毎回ワークシートを提出してもらいます。ワークシートの提出とカードリーダーの出席登録で出席を取ります。
・第11回目にレポート課題を与え、提出締切は3週間後とします。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 定期試験70%、レポート提出及び受講態度30%で評価します。
テキスト 松井宏興[ほか]著『プリメール民法 物権法・担保物権法(第3版)』(法律文化社、2005年)
参考文献 佐久間毅『民法の基礎2 物権』(有斐閣、2006年)
近江幸治『民法講義Ⅱ 物権法(第3版)』(成文堂、2006年)
内田貴『民法Ⅰ 総則・物権総論(第5版)』(東京大学出版会、2008年)
田井義信・岡本詔治・松岡久和・磯野英徳『新物権・担保物権法(第2版)』(法律文化社、2005年)
潮見佳男・道垣内弘人編『民法判例百選Ⅰ 総則・物権(第7版)』(有斐閣、2015年)
主な関連科目 金融取引法、民法総則、債権総論、債権各論など
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回配るワークシートに質問を書いてください。次回、回答が載ったプリントを全員に配布します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(民事法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(民事法) FLLA20502 2017~2017 2・3・4