授業コード 30027301 クラス 01
科目名 民法総則 単位数 2
担当者 上谷 均 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 民法典第一編総則の概説
授業の概要  この講義は、民法総則をすでに履修したことのある者(2年次生以上)を対象とする。したがって、授業では、民法の成り立ちからはじめて民法総則の全体をあらためて概説するということはせず、重要な制度を時間をかけて説明し、正確な理解に到達することができるようにする。
 毎回、出席調査と理解度の確認を兼ねたペーパーを提出してもらうほか、小テスト(座席指定、マークシートと簡単な記述式の併用)を2回実施する予定である。 
 第1回授業で、授業の進め方、成績評価方法など重要な点についてあらためて詳細に説明する。

(注意)民法総則をはじめて履修する国際政治学科の学生は原則として後期の02クラスを履修すること。履修登録について教務第三課の指示に従うこと。
学習の到達目標  この講義の到達目標は、民法総則の基本的事項の理解を確実なものとし、条文を正確に読みこなすことができる基礎的な力を身につけることである。
授業計画 第1回 1  ガイダンス(授業の進め方、成績評価の方法などの説明)
第2回 2  制限能力制度
第3回 3  無効と取消し
第4回 4  法律行為/条件・期限/意思表示
第5回 5  心裡留保/虚偽表示
第6回 6  錯誤
第7回 7  詐欺・強迫
第8回 8 第1回小テストと解説
第9回 9 代理制度の基礎
第10回 10 表見代理
第11回 11 無権代理
第12回 12 時効制度の基礎/期間計算
第13回 13 取得時効
第14回 14 消滅時効
第15回 15 第2回小テストと解説
授業外学習の課題  六法で条文を確認しながらプリントをよく読んで予習・復習することが必要不可欠である。予習・復習をせずに授業を1回聞いただけで理解するのは至難のわざである。
履修上の注意事項  この科目は再履修者を対象とする。法律学科の1年生は後期の02クラスを履修しなければならない。また、民法総則をはじめて履修する国際政治学科の学生も後期の02クラスを履修すること。履修登録については、教務第三課に確認して指示に従うこと。
 授業には、前年度以前の授業でテキストとして配布したプリント及び六法を必ず持参すること。六法は、ポケット六法(有斐閣)、デイリー六法(三省堂)などの小型六法でよい(最新版が望ましい)。六法で条文を確認する習慣を身につけること。
成績評価の方法・基準 定期試験50点+小テスト40点+毎回提出するペーパー10点として総合評価する。
第1回授業でさらに詳しく説明する。
テキスト テキストは2015年度・2016年度の民法総則で配布したプリントを使用する。毎回、レジュメを配布する。
参考文献 安井宏・後藤元伸・中田邦博・鹿野菜穂子『プリメール民法1-民法入門・総則(第3版)』(法律文化社、2008年)、潮見佳男・道垣内弘人編『民法判例百選Ⅰ 総則・物権(第7版)』(有斐閣、2014年)。その他、必要に応じて授業の中で指示する。
主な関連科目 主専攻科目のうち「法律基礎」の民事法関連科目と「民事法」科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、授業終了後教室にて、または、研究室(7号館4階。あらかじめ電話(内線2465)で連絡すること)にて対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(民事法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(民事法) FLLA20501 2017~2017 2・3・4