授業コード 30027200 クラス
科目名 税法 単位数 2
担当者 奥谷 健 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 税法
授業の概要  税法は税金に関する法律です。みなさんが卒業して会社に勤めると給料から所得税が源泉徴収されます。会社もその利益の約40%の税金を払っています。ですから企業も税金には重大な関心を持っています。
 また、税金は国民生活や政治と密接に関連しており、税に関する理解が、我が国の将来を考える上でも必要です。
 この講義は、皆さんが社会に出て税の問題に直面したとき、解決するための基礎となる税法の基本的理論を理解することを目的とします。
 そのために、税法の基本的考え方について憲法を基礎に検討していきます。そして、それをもとに所得税について法的問題を検討していきます。
学習の到達目標 税法の基礎的知識を身につける。
税法の基本的考え方を身につける。
税に関する基本的問題について自ら考えることができる。
授業計画 第1回 1.租税の意義
税法の検討対象となる「税」の意義と特徴について考えます。
第2回 2.企業経営と税金
納税を通じて企業が社会にどのような貢献をしているか考えます。
第3回 3.税務行政の現状
税務行政の現状と税務署が地域の中でどのような役割を果たしているのかを考えます。
第4回 4.租税法律主義
 「税」の特質から、税法の最も基本となる原理「租税法律主義」について学びます。
第5回 5.節税、脱税と租税回避
 税法の基幹概念である「租税回避」について、類似する「節税」、「脱税」と比較しながら学びます。
第6回 6.課税の公平(応能負担原則)
 税負担の公平の在り方について考えます。
第7回 7.所得税の性質と納税義務
 所得税とはどういった税なのか、誰が納税義務を負うのか、ということを考えます。
第8回 8.所得の意義
 課税対象である「所得」とは何か、について考えます。
第9回 9.所得分類
 所得税法における10種類の所得分類について、なぜ分類するのか、その分類によって何が異なるか、といった点について学びます。
第10回 10.申告納税方式と源泉徴収制度
 税額確定手続について学びます。
第11回 11.103万円の壁(人的控除)
 配偶者控除を中心に、所得税における人的控除の問題について学びます。
第12回 12.所得控除と税額控除
 所得税の計算過程における、所得控除と税額控除について、その異同を中心に考えます。
第13回 13.税額計算
 累進税率を中心に、所得税の税額計算を学びます。
第14回 14.所得税のまとめ
 所得税の確定申告書をもとに、所得税の全体について復習をしていきます。
第15回 15.税理士制度
 税法の専門家である税理士という職業について、その制度と業務内容について学びます。
授業外学習の課題 教科書の該当箇所を毎回の講義の際に指示します。その該当箇所を読み、必ず復習をすること。
履修上の注意事項 税法が掲載されている六法(「租税判例六法」(有斐閣)等)を必ず持参すること

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 定期試験と課題レポートにより評価します。
テキスト 「よくわかる税法入門」三木義一 有斐閣
参考文献 三木義一「日本の税金」岩波新書
別冊ジュリスト「租税判例百選(第6版)」有斐閣
主な関連科目 行政法 憲法 民法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は講義後またはメールで受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(公法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(公法) FLLA20310 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 3・4