授業コード 30026700 クラス
科目名 社会福祉法 単位数 2
担当者 山田 晋 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 社会福祉法 Social Welfare Law
授業の概要 社会福祉の法概念、法的人間像、要保障事故などについて学び、社会福祉諸法の構造について学ぶ。
講義は、法理・構造・課題を中心にする。制度の概要については各人の学習に任せる。
学習の到達目標 社会福祉の法概念、法的人間像、要保障事故などについて学び、社会福祉諸法の構造を理解する。
授業計画 第1回 1. 社会福祉法制の対象・社会福祉の法的人間像
第2回 2, 社会福祉法制の歴史
第3回 3. 障害者福祉と障害者総合支援法~障害のとらえ方
第4回 4, 身体障害者福祉の法・障害者総合支援法
第5回 5, 知的障害者福祉の法・障害者総合支援法  
   精神障害者の法・障害者総合支援法
   事例:判例百選110事件
第6回 6, 児童福祉の法1ーその構造・原理
第7回 7,児童福祉の法2-その課題~事例:判例百選104事件
第8回 8,高齢者福祉の法ーその構造・原理~事例:判例百選112事件・113事件
第9回 9,介護保険法1ーその構造・原理
第10回 10, 介護保険法2ーその課題
第11回 11、 公的扶助の法1(生活保護法)ーその構造・原理
第12回 12  公的扶助の法2(生活保護法)ーその課題
第13回 13  虐待法の課題
第14回 14 社会福祉の課題と展望1:「社会福祉法」の構造
第15回 15  社会福祉の課題と展望2
授業外学習の課題 1,指定文献などを十分熟読すること。
2,予習に当たっては、制度の概要を理解し、論点、疑問点の発見につとめる事。
3,復習に当たっては、講義で提示された問題点、論点などについて調べ、かつ、自分なりの見解を持つこと。
履修上の注意事項 講義の集中度を高めるために受講者は教室前方に着席すること。後方座席は傍聴者の席とする。
机の上にスマホなどの電子機器類を出さないこと。
講義は、法理・構造について7割、制度の概要について3割の比率で行う。
講義では基本的に板書、レジュメは使用しない。したがって各人の予習、授業、復習が充実していることが必要である。予習では、制度の概要の把握(法の目的、対象者、給付内容などをまとめておく)、論点、疑問点などを必要に応じてノートし、復習では講義中に指摘された論点などを自分で調べたり考えておくことを薦める。テキストを熟読して講義に臨むこと。
就職活動に関しては、追試を含めて一切配慮しない。

家裁調査官試験、国家公務員(人間科学)、市福祉職採用なで福祉系科目を選択予定の者は、講義・ゼミとは関係なく相談に応じる。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 課題レポート、授業中の質疑応答、授業態度などで40%、小・中・定期考査(レポートの場合もある)を60%の割合で成績評価。出席はカード、点呼などの方法による。
テキスト 河野正輝・阿部和光・増田雅暢・倉田聡編『社会福祉法入門 第3版』有斐閣
参考文献 西村健一郎・岩村正彦編『(第四版)社会保障判例百選』有斐閣(2008年)
石橋敏郎『社会保障法における自立支援と地方分権』法律文化社
主な関連科目 社会保障法、労働法、憲法、行政法、家族法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
問題意識を全受講生で共有するため、質問は講義中に行う。
家裁調査官試験、国家公務員(人間科学)、市福祉職採用などで福祉系科目を選択予定の者は、講義・ゼミとは関係なく相談に応じる。
オフィスアワーと特に設定しない。各種相談には随時応じるので、研究棟受付から内線電話でアポイントメントを取られたい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(公法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(公法) FLLA20305 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 3・4