授業コード 30026200 クラス
科目名 日本法制史 単位数 2
担当者 矢野 達雄 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 日本近代法史 Legal History of Modern Japan
授業の概要  現代の日本法を理解するには歴史を知ることが不可欠である。
 法の歴史は、単なる冷たい制度や法令の変遷についての無味乾燥な記述ではない。 その背後には、 熾烈な権力闘争があり、またときには血も涙もある人間の汗と涙の物語もあるのである。このような歴史上の事件や人物に対する共感や反発をバネとしつつ法の歴史を学びながら、知らず知らずのうちに諸々の法分野の基礎的概念・考え方に習熟していることを目標とする。
 近代日本の公法および私法史を概説し、法の歴史がいかに現代の諸問題につながっているかを講義してゆきたい。
学習の到達目標 1.日本近代史の中で公法とりわけ憲法がどのような過程をたどって制定されたかについて、基礎的知識を習得する。
2.日本近代史の中で私法とりわけ民法がどのような過程をたどって制定されたかについて、基礎的知識を習得する。3.法学上の基本的概念や理論がどのようにして形成されてきたかについて、正確な理解をする。
授業計画 第1回 授業の進行は、大体以下の順序で行う。
(1)明治維新と法
第2回 (2)憲法をめぐる角逐①―自由民権運動の憲法構想
第3回 (3)憲法をめぐる角逐②―大日本帝国憲法の制定まで
第4回 (4)憲法をめぐる角逐③―明治憲法の構造と機能
第5回 (5)民法典の編纂①江藤新平の構想と挫折
第6回 (6)民法典の編纂②旧民法の成立と民法典論争
第7回 (7)民法典の編纂③明治民法の成立
第8回 (8)家族法制―「家」制度の形成と展開
第9回 (9)家族法制―「家」制度の廃止と戦後家族法制の展開
第10回 (10)土地法制①―明治初年の土地制度変革
第11回 (11)土地法制②―近代的土地法制の成立
第12回 (12)土地法制③―近代的土地法制の変容
第13回 (13)土地法制④―入会という名の権利
第14回 (14)地方制度①―大区・小区制から三新法へ
第15回 (15)地方制度②―市制・町村制と府県制・郡制
授業外学習の課題 まず教科書を熟読すること。そして授業中配布したプリントを利用して復習してほしい。また、授業中言及した本を図書館などを利用して読み直すと、さらに理解が深まるであろう。
日頃から歴史に親しむことが重要である。歴史における法や法学の果たした役割や機能という点では、建前にとらわれずリアルに観察する態度が重要である。そのためには、教科書だけでなく歴史小説やドラマ・映画なども参考になる。
履修上の注意事項 進行の具合や研究動向などをにらみつつ、随時テーマを変更する場合のあることを承知願いたい。
定期試験に際して、「自筆ノート」の持ち込みを許したこともあったが、いろいろと弊害がめだつようになったので、近年持ち込みは不可としている。
成績評価の方法・基準 定期試験の成績を中心に評価するが、時折「課題」を出しリプライを求める。それを20%を超えない範囲で加味しつつ、総合的に評価する。
テキスト 浅古弘ほか編『日本法制史』青林書院、2010年
参考文献 山中永之佑編『新・日本近代法論』法律文化社
石川一三夫・矢野達雄編『法史学への旅立ち』法律文化社
山中永之佑編『日本近代法案内』法律文化社
日本近代法制史研究会編『日本近代法120講』法律文化社
川口由彦『日本近代法制史・第2版』新世社
矢野達雄『法と地域と歴史と』創風社出版
主な関連科目 「明治の法と裁判」担当者 矢野 達雄
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
簡単な質問であれば、授業終了時に対応する。また、時間を要する質問等については研究室で随時対応する。ただし、かならず事前に連絡し、アポイントメントをとっていただきたい(内線2681)。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(基礎法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(基礎法) FLLA20204 2017~2017 2・3・4