授業コード 30026100 クラス
科目名 法社会学 単位数 2
担当者 矢野 達雄 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 法と社会(Law and Society)
授業の概要  まず、法社会学とはどのような学問なのかを述べる。ついで、法社会学の成立から今日に至るまでの法社会学の学説史を、海外の理論・日本の理論の順に検討する。
 次に、法意識・紛争処理・裁判過程に関する法社会学の基礎理論を説明する。紛争研究と裁判研究は、法社会学のメイン・テーマのひとつであり、法社会学がもっともその存在意義を主張する領域である。この部分の理解を通して、法社会学的分析の特徴を理解していただきたい。
 以上の総論的テーマのあと、各論として「法曹」及び「司法制度改革」の問題を検討する。
 さらに、現代日本法のさまざまな分野について、他の法律科目(憲法、民法、刑法等の「法解釈学」)とは異なった視点から検討を行う。以上、授業全体を通して、「法と社会の現状」を知り、現状及び将来の課題を考えて行くための基礎的な知識と理解を提供する。
学習の到達目標 (1)法社会学とはどのような学問なのか、説明することができる。
(2)「日本人の法意識」論について、川島武宜説の内容を具体的に述べ、その問題点を説明することができる。
(3)現代日本の司法過程について、実態を分析し、その特徴を具体的に説明することができる。
(4)日本社会の直面する諸問題について、法社会学的見地から的確に論評することができる。
授業計画 第1回 (1)法社会学とは何か―開講の辞―
第2回 (2)法社会学の理論史(その1)法社会学の誕生
第3回 (3)法社会学の理論史(その2)日本における法社会学の受容
第4回 (4)隣人訴訟事件が提起する問題
第5回 (5)法意識―「日本人の法意識」をめぐって
第6回 (6)紛争処理過程― もめごとはどう解決されるか
第7回 (7)裁判過程―裁判の基礎理論
第8回 (8)法曹(その1) ―裁判官
第9回 (9)法曹(その2) ―検察官
第10回 (10)法曹(その3) ―弁護士
第11回 (11)司法制度改革―その理念と現実
第12回 (12)慣習法上の権利―入会権とコモンズ
第13回 (13)開発・環境と法(その1)―開発法制と環境保全―
第14回 (14)開発・環境と法(その2)――原子力発電を例として―
第15回 (15)授業のまとめ
授業外学習の課題 (1)毎回、予習を心がけ、授業のおおよその内容を把握した上で受講すること。また、参考書・参考文献を適宜利用するなどして、十分な復習に努めること。
(2)日頃から新聞やテレビ、インターネットなどの各種メディアを通じて時々のニュースに触れ、社会の動きにできるだけ関心を持つよう努めること。とりわけ、何らかの形で法がかかわる情報について、小説や映画・ドラマ等まで含めジャンルを問わず、関心の網の目を張り巡らせるように心がけたい。
履修上の注意事項 定期試験に際して、かつて「自筆ノート」の持ち込みを許したこともあったが、いろいろと弊害がめだつようになったので、近年持ち込みは不可としている。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 定期試験の成績を中心に評価するが、時折「課題」を出しリプライを求める。定期試験において60点に達しない者については、20%を超えない範囲で「課題」の評価を加味することがある。
テキスト 特定の教科書は使用しない。授業中にプリントを配布する。
参考文献 村山眞維、濱野亮『法社会学』(有斐閣、2003)ISBN 9784641122055
六本佳平『日本の法と社会』(有斐閣、2004)ISBN 9784641027947
宮澤節生他『ブリッジブック法システム入門』(信山社、2008)ISBN 9784797223217
和田仁孝(編)『法社会学』(法律文化社、2006年)ISBN 9784589029775
矢野達雄『マンガから考える法と社会』(新日本出版社、2008年)ISBN 9784406051125
主な関連科目 特別講義A(明治の法と裁判)、刑事学、刑事裁判のしくみ、刑事訴訟法、犯罪と法、裁判と法、特別講義B(ADR:裁判外紛争処理)、民事裁判の仕組み、民事訴訟法、日本法制史など。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業時の質問にも対応するが、時間的にも限られているので、限界がある。
研究室への訪問と質問も歓迎するが、なるべく事前にアポを取って欲しい。内線2681。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(基礎法) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(基礎法) FLLA20203 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 3・4