授業コード 30025500 クラス
科目名 特殊講義E(マスコミ文章講座Ⅰ) 単位数 2
担当者 難波 健治 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 特殊講義E(マスコミ文章講座Ⅰ)
授業の概要 文章とは何か。何をどう書くか。書き手の思いが伝わる文章を書く力を養います。座学と実作を組み合わせた授業です。内容は以下の三本立てです。
1)文章表現についての座学(例文で書き方のコツを示す)
2)実作(その場でテーマを示し、授業時間内で書いてもらう。宿題として課し、次週に提出を求める)
3)その時々のニュース(出来事)を取り上げてその背景などを考え、文章表現の糧にする。
このクラスは原則としてマスコミ・メディア志望の学生向けの文章講座です。余裕があれば、他の希望者を受け入れます。
学習の到達目標 個性豊かで魅力的な文章を書く力を身につけます。それは自分の考えや思いがすんなり読み手に伝わる表現力を養うことです。「自分にしか書けないことを、誰が読んでもわかるように書く」ことを目指します。
授業計画 第1回 第1回 ガイドラインと試作
第2回 第2回 座学「書くとは何か」
第3回 第3回 実作(1)
第4回 第4回 座学「何を書くか(自分にしか書けないことを書く)」
第5回 第5回 実作(2)
第6回 第6回 座学「誰が読んでもわかるように書く」
第7回 第7回 実作(3)
第8回 第8回 座学「『読む』と『考える』ことの大切さ」
第9回 第9回 実作(4)
第10回 第10回 座学「文章の構成」
第11回 第11回 実作(5)
第12回 第12回 座学「書き出しの技術、結びの工夫」
第13回 第13回 実作(6)
第14回 第14回 座学「体験をどう書くか」
第15回 第15回 実作(7)
 (課題文の提出)
授業外学習の課題 随時、宿題を出します。読解力、文章力を深めるためです。期日内に提出してください。
履修上の注意事項 受講生は原則として40人までとします。演習と添削、講評が週をまたいで続くので、連続出席が難しければ他の希望者に受講を譲ってください。
 初回から市販の原稿用紙と、配布資料(プリント)をファイルする「クリアブック」を用意してください。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業での実作と宿題(50%)、期末の課題作品(50%)を目安に総合的に評価します。欠席などで減点する場合があります。
テキスト 使用しません。それに代えてプリント資料を配布します。
参考文献 授業内で随時紹介します。
主な関連科目 マスコミ文章講座Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
いつでもどうぞ。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(E群) 2007~2016 2・3・4