授業コード 30017001 クラス 01
科目名 卒業研究 単位数 2
担当者 三上 貴教 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際政治学の論文執筆
授業の概要  卒業研究論文を作成するための全般的指導をする。
 大学教育における主要な目標の一つは、専門分野の知見を生かして創造的な論文を執筆することである。自分の力で生み出す学習の成果ともいえる論文なくして卒業することは、とても大切な忘れ物を大学に残して旅立つ事と違わない。芸術分野の大学であれば卒業作品や卒業演奏が必須であろう。国際政治学科の学生ならば国際政治に関する論文を仕上げることがそれに相当する。就職活動等で時間的な制約もあるかもしれない。しかし幸いにも今はメール等を活用することも可能である。是非卒業を前に、自分の作品を仕上げよう。具体的には演習BⅡの方針に沿って論文を作成する。さらに適宜個別の指導も実施する。
学習の到達目標 論文こそは最も重要な発信力の発露である。説得力ある論文を完成させる。
授業計画 第1回 イントロダクション(論文の形式)
第2回 担当者による論文・著作の報告
第3回 ゼミ生の問題関心に関する報告1
第4回 ゼミ生の問題関心に関する報告2
第5回 ゼミ生の問題関心に関する報告3
第6回 ゼミ生の問題関心に関する報告4
第7回 ゼミ生の問題関心に関する報告5
第8回 国際政治学の最新の研究動向について
第9回 各国比較ランキングの最新の動向について1
第10回 各国比較ランキングの最新の動向について2
第11回 執筆する論文に関する報告とディスカッション1
第12回 執筆する論文に関する報告とディスカッション2
第13回 執筆する論文に関する報告とディスカッション3
第14回 執筆する論文に関する報告とディスカッション4
第15回 執筆する論文に関する報告とディスカッション5
授業外学習の課題  自分の問題意識と関連するこれまでの研究の蓄積に目を通すことが必要になる。論文の末尾に掲載する、参考文献一覧に、少なくとも10の文献が並ぶ位に、日々の勉強が大切である。
履修上の注意事項 演習BⅡと併行して履修する。
成績評価の方法・基準 問題関心に関する報告20%、論文に関する報告とディスカッション20%、完成論文を60%とする。
テキスト 使用しない。
参考文献 必要に応じて紹介する。
主な関連科目 国際関係演習BⅡ。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
メールで問い合わせること。メールアドレスはtmikami*shudo-u.ac.jp(ただし*を@に入れ替えること)。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(B群) 2007~2014 4