授業コード 30006002 クラス 02
科目名 異文化相互理解論 単位数 2
担当者 今石 正人 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 異文化相互理解論 02
授業の概要 異文化とは自文化を写し出す鏡である。異文化理解するためには自文化を理解する必要がある。このコースでは特に言語と宗教に焦点を合わせて、異文化のさまざまな事象に触れながら、最終的には自文化について洞察を深める。
学習の到達目標 なにげなく見聞している社会の諸現象のなかに、どれほど多くの異文化が隠されているかに関して好奇心・観察力・感受性を磨き知識を深め、異文化のなかでの自分の立ち位置を確立させる。
授業計画 第1回 イントロダクション 文献案内
第2回 文明と文化 普遍性と特殊性 比較文化の功罪 カルチャー・ショック
第3回 日本の文化的特徴と地理的・歴史的背景 肉食文化vs米食文化
第4回 グローバル化と伝統文化
第5回 単一言語国家・多言語国家 ステレオタイプ 人種問題(第1回書評提出)
第6回 神話の世界 世界の成立ち 生きる意味
第7回 日本文化の神々vsユダヤ・キリスト教・イスラム教文化の神
第8回 国際協力の現場~青年海外協力隊・ブルキナファソでの活動より~」 JICA広島県国際協力推進員 上田 愛
第9回 国際協力の現場~青年海外協力隊・ブルキナファソでの活動より~」 JICA広島県国際協力推進員 上田 愛 (第2回書評提出)
第10回 「映画の中のヒーロたち」日米映画の理想的人間像
第11回 「さようならとGood Bye」文化を映す言葉
第12回 単語、挨拶、会話の中の異文化 漢字と英語 方言 名前
第13回 「点」の論理(察し文化)と「線」論理(明示文化)(第3回書評提出)
第14回 「くしゃみをしたらGod bless you!」人類共通の発想
第15回 異文化の中での立ち位置 多文化共生へ
授業外学習の課題 受講者は「文献リスト」から本を選んで1200字の書評を3回提出することになっているので、早めに本を選択し「書評の書き方」を熟読し、締切に間に合うように仕上げること。また添削・返却された書評は必ず書き直して再提出のこと。
履修上の注意事項 課題(全部で3回)はかならず期日までに提出する。
履修態度や授業最後のコメントも評価に大きな影響をあたえるから、緊張しつつ楽しく受講してほしい。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 コメント・カード50% 書評レポート(3回)30% 期末レポート20%
テキスト
参考文献
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
随時応じる。メールで連絡する。
imaishi@shudo-u.ac.jp

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(A群) 2007~2016 1・2・3・4
法学部国際政治学科(A群) FLIP10106 2017~2017 1・2・3・4