授業コード 30004500 クラス
科目名 中国研究Ⅰ 単位数 2
担当者 王 偉彬 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 中国を読む
授業の概要  中国について、経済的な成長や富裕層の拡大等の報道があれば、一党独裁や政治的腐敗及び環境汚染等の記事もある。また、21世紀は中国の世紀になるだろうという議論があれば、中国はそろそろ崩壊していくだろうという見解もある。中国には様々な問題があり、様々「顔」がある。「中国像」をどう捉えてよいか。
 中国を理解するため、多角的な視点から見る必要がある。中国研究Ⅰでは、歴史的アプローチから、政治・経済・文化・外交及び文明という総合的な視点から中国を解釈する。
学習の到達目標 多角的視点から中国を見ることができるようになる。。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 歴史的視角:中国歴史の文脈と特徴
第3回 法則的視角:国の興亡の法則とパターン
第4回 近代的視角:近代の重荷、その脱出の「夢」と現実
第5回 政治的視角:政治制度と政治文化
第6回 経済的視角:「中国モデル」と諸問題
第7回 文化的視角:中国文化の中核・両翼と複合性
第8回 思想的視角:近代以後の思想とその影響
第9回 社会的視角:時代に伴う社会階層の変化
第10回 体制的視角:資本主義と社会主義
第11回 文明的視角:中国文明の特質
第12回 国際的視角:東アジアの国際秩序
第13回 外交的視角:外交の理念と行動様式
第14回 未来的視角:中国のゆくえ
第15回 まとめ:中国を総合的な視点で考える

(授業の進度や受講生の理解度により変更する場合がある)
授業外学習の課題 教材・配布資料の予習と復習
履修上の注意事項 特殊講義C(東アジアの国際政治)の履修、及び「中国研究Ⅰ」と「中国研究Ⅱ」の連続履修が望ましい。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 ①課題小論文          30%
②期末試験(テスト又はレポート)40%
③平常点(授業への取り組み等) 30%
テキスト ①中園和仁編『中国がつくる国際秩序』(ミネルヴァ書房、2013年5月)(部分利用)
②配付資料
参考文献 教室で紹介する。
主な関連科目 中国研究Ⅱ
特殊講義C(東アジアの国際政治)
平和学・地域研究演習AⅠ・Ⅱ / 平和学・地域研究演習BⅠ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①授業終了前に設けた「質問の時間」に質問を受け付けます。
②相談は授業終了時に受け付けます。時間のかかる相談はメール(wangwb@shudo-u.ac.jp)で連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部国際政治学科(D群) 2007~2016 2・3・4