授業コード 20098500 クラス
科目名 地域文化研究特講(アイルランドの文学と文化) 単位数 2
担当者 高橋 渡 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 アイルランドの文学と文化(Irish Literature and Culture)
授業の概要 アイルランドは人口約400万人の小さな国であるが、4人のノーベル文学賞作家を輩出するなど、文学の盛んな国である。本来ゲール語系のアイルランド語を母語としていたが、英国による長年の植民支配によりとりわけ19世紀半ば以降アイルランド語は廃れ、近代のアイルランド文学は英語で書かれている。そのためアイルランドの作家はしばしば英文学史の中に入れられることになるが、アイルランドの歴史や文化は英国とは全く違うものであり、アイルランド文学を理解するには、その歴史的・文化的背景を知っておく必要がある。この授業ではアイルランドの歴史と文化を概観し、その上で、20世紀文学に大きな影響を与えたJames Joyceを中心にアイルランド文学を読むこととする。
学習の到達目標 アイルランドの歴史・文化・文学についての基礎的な知識を習得する。また、植民地文学の理解に必要な、オリエンタリズムやポストコロニアリズムなどの理論とその意味について学ぶ。
授業計画 第1回 イントロダクション:
授業の進め方、アイルランドの文学・文化を学ぶ意義について等。
第2回 アイルランドの歴史と文化1
第3回 アイルランドの歴史と文化2
第4回 アイルランド文芸復興運動
第5回 W.B. Yeatsの詩を読む1
第6回 W.B. Yeatsの詩を読む2
第7回 James JoyceのDublinersを読む。(The Sisters)1
第8回 James JoyceのDublinersを読む。(The Sisters)2
第9回 James JoyceのDublinersを読む。(The Sisters)3
第10回 James JoyceのDublinersを読む。(A Painful Case)1
第11回 James JoyceのDublinersを読む。(A Painful Case)2
第12回 James JoyceのDublinersを読む。(A Painful Case)3
第13回 James JoyceのDublinersを読む。(A Painful Case)4
第14回 その他のJames Joyceの作品について
第15回 まとめ
授業外学習の課題 サブテクストの『ジョイスの罠 ―『ダブリナーズ』に嵌まる方法』は適宜自分で読んでおくこと。
履修上の注意事項 *配付資料は必ず授業前に読んでおくこと。
*演習形式でアットランダムにあてるので、テクストを読む際には必ず予習をしてくること。予習をしていない場合減点対象となる。

いかなる理由があっても欠席は4回までとする。
(病気、交通機関の乱れ、冠婚葬祭等、一切の事情を含める。)
成績評価の方法・基準 レポート(45%)及び試験(45%)。授業態度も加味する(10%)。
テキスト ・James Joyce, Dubliners (南雲堂)ISBN 9784523027034 (修大生協)
・金井嘉彦・吉川信(編著)『ジョイスの罠 『ダブリナーズ』に嵌まる方法』(言叢社)ISBN 978-4-86209-058-4(修大生協)
参考文献 適宜指示する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業後に質問は受け付ける。また、最初の授業の歳にメールアドレスと資料などをダウンロード出来るウェブサイトのURLを示す。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部英語英文学科(専攻科目) 2007~2010 2・3・4
人文学部英語英文学科(専攻科目) 2011~2016