授業コード 20097201 クラス 01
科目名 アドバンスト心理学講義B(カウンセリング心理学) 単位数 2
担当者 内野 悌司 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 アドバンスト心理学講義B(カウンセリング心理学)
授業の概要 カウンセリングの基礎として内包される、あるいは関連するさまざまな心理学の理論や知見を学ぶ。本講義では、以下のような問題意識をもって授業を行う。①心理学が科学的学問として、どのようなの考え方のもと歴史的に展開してきたか、②カウンセリングの基礎となる多様な人間観、心理学的視点が今日のカウンセリングにどのように影響してきたか、③それらを自分自身の生活や行動にどのように活用できるか。
学習の到達目標 カウンセリングの基礎となる心理学理論や知見を理解し、それらを自分自身の学生生活や行動に活用できるようになる
授業計画 第1回 イントロダクション:カウンセリング心理学とは
第2回 行動主義〜認知行動論〜社会的学習理論(1)
第3回 行動主義〜認知行動論〜社会的学習理論(2)
第4回 行動主義〜認知行動論〜社会的学習理論(3)
第5回 無意識の心理学
第6回 人間主義の心理学(1)
第7回 人間主義の心理学(2)
第8回 人間主義の心理学(3)
第9回 発達心理学的視点(1)
第10回 発達心理学的視点(2)
第11回 発達心理学的視点(3)
第12回 社会心理学(1)
第13回 社会心理学(2)
第14回 コミュニティ心理学
第15回 ストレス心理学
授業外学習の課題 提出課題があるので、必要に応じて授業時間外に完成させ、指示する締め切りまでに提出すること。
履修上の注意事項 授業は感想や質問等に応じて議論を進めながら行うので、授業計画通りにならないことがありうる。資料の提供や議論をMoodleを通じて行うので、その利用に慣れておくこと。遅刻、早退、私語等は慎むこと。
成績評価の方法・基準 ・期末試験の成績(60%)、授業中に課すレポートの評価(40%)によって評価する。
・レポートの評価基準は、課題に対する適合性、記述の適切性、論理性とする。
テキスト 使用しない。
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内容に関する質問・相談は、授業中およびMoodleを通じて、適宜対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(自専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 2・3・4