授業コード 20080800 クラス
科目名 現代社会学特殊講義B(雇用の不安定化をめぐる社会学) 単位数 2
担当者 仁井田 典子 履修期 後期夏季集中
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 雇用の不安定化をめぐる社会学
授業の概要 雇用の不安定化は、私たちの労働や生活にどのような影響をもたらしたのか。また、雇用の不安定化によって、今日の日本社会はどのようなものになりつつあるのか。これらの点について、不安定な就業状況におかれた若年男性たちや女性労働者たちの生活史や、彼ら・彼女らが自発的に形成する集まりに焦点をあててみていきたい。
学習の到達目標 雇用が不安定化する現代の日本社会とはどのようなものであるのかについて理解する。
授業計画 第1回 イントロダクション:雇用の不安定化とは
第2回 1980年代以降の日本における雇用の不安定化の背景
第3回 若者の「就業意識」と「フリーター」「ニート」問題
第4回 〈廃棄された生〉としての労働者
第5回 事例①:若者就業支援施設を介した若年男性たちの集い
第6回 非正規雇用や無職の若年男性たちの生活史
第7回 非正規雇用や無職の若年男性たちの生きづらさ
第8回 雇用の不安定化による女性労働への影響
第9回 事例②:女性コミュニティ・ユニオンで活動する女性労働者たち
第10回 不安定な就業状況におかれた女性労働者たちの生活史
第11回 不安定な就業状況におかれた女性労働者たちの生きづらさ
第12回 社会の変化に翻弄される女性労働者たち
第13回 個人化に抗する女性労働者たち
第14回 居場所を求める若年男性たち/女性労働者たち
第15回 まとめ:雇用が不安定化する現代の日本社会
授業外学習の課題 講義中に指定された課題・文献を読んで、講義に臨むこと。
履修上の注意事項 ①私語をしないこと。
②講義中に指定された課題を期日までに提出すること。
成績評価の方法・基準 講義への出席8割以上を単位取得の条件とする。コメントペーパー(50点)、期末レポート(50点)を点数化(合計100点)して総合的に評価する。
テキスト 使用しない
参考文献 ジグムント・バウマン『新しい貧困』青土社
ジグムント・バウマン『廃棄された生』昭和堂
ジグムント・バウマン『コミュニティ』筑摩書房
ピエール・ロザンヴァロン『連帯の新たなる哲学』勁草書房

*そのほか、講義内で適宜紹介する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了後に直接対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(自専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(社会学専門科目) FHHS23108 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 1・2・3・4